ウィーンのカフェ

新しくオープンした"Fenster CAFE" (窓のカフェ)"

先日団体ツアーの皆様をアテンドしている時にちょっとおもしろいカフェに出会いました。

この日は全日でアテンドしていて、昼食がウィーン最古のレストラン "グリエーヒェンバイスル"に予約が入っていました。このレストランは話題性があるので、ある程度の予算があるツアーではよく利用します。

この日はシェーンブルン宮殿のグランドツアーが終わって、庭園見学の時間を取った後、バスで国立オペラ座からリンク道路をSchwedenplatzまで走ってそこから歩いて行きました。

ここにはGriechengasseという歴史を感じる小路があり、その小路の片側の壁の中にちょっと見慣れない光景を目にしました。

一瞬、壁に穴が開いているように思えましたが、すぐに何であるかわかりました。

 

続きを読む

今年も出たお勧めイチゴのケーキ

ウィーンはカフェ文化が根付いた街で、100年~200年の歴史を持つカフェハウスが多くあります。

このウィーンのカフェ文化に触れることはウィーンの観光でも外せないと思います。

カフェと言えばケーキも同時に食べたくなりますね。

ウィーンは宮廷文化が栄えた街なので帝国時代に宮廷に商品を卸すことができた老舗が多くあり、スイーツだって"K.u.K."の称号を持つカフェが今でも多くあります。

もう何回もここに書いていますが、私個人的にはハイナーが一番好きで、仕事でもプライベートでもよく行きます。

今日は個人的に好きなハイナーのイチゴのケーキです。

 

続きを読む

カフェGriensteidlのホットチョコレート

ウィーンのカフェハウスは伝統を維持しながら現在でもウィーンの生活に完全に密着しています。街中には100年以上も続いている話題性があるカフェハウスがいくつもあり、それぞれのカフェハウスで "ウィーンのカフェハウス"に共通する伝統が感じられ、なおかつそれぞれの個性がしっかりと見られます。カフェハウス文化は無形文化遺産にも登録されていて、カフェの種類も様々あり、しっかりと定義されています。

団体ツアーでは皆さんとカフェに行くことはそんなに多くはありませんが、逆に個人のお客様と観光している時は頻繁にカフェにも立ち寄ります。私も仕事の空き時間などによくカフェに行って、限られた時間ですがちょっとくつろいで精神的なリセットをすることもよくあります。私の仕事はいつもたくさんのお客様に様々な御案内をするのでひとりの時間もちょっと大切です。少しでもカフェに座って落ち着くと、リフレッシュされて次の仕事にも新たな気持ちで取り組めます。

カフェハウスとしては個人的にSperl (シュペルル)が大好きで、時間があればよく行きますが、ここは中心から気持ち離れているためちょっとの空き時間で行くには残念ながら不便です。ケーキであればハイナーが一番好きで

ここもよく行きますが、気持ちをリフレッシュさせてくれる店内の雰囲気ではありません。

そんな時によく利用するのがGriensteidl(グリーンシュタイドゥル)です。

 

続きを読む

最近、これおいしいな・・・と思ったケーキ

かつての宮廷文化が栄えたウィーンには"Kaffekonditorei" (カフェコンディトライ)と呼ばれるケーキが提供されているカフェがたくさんあります。散歩してちょっと疲れたらカフェに座って物思いにふけるのもいいですね。

ウィーンには多くの伝統カフェやおいしいケーキが食べられる店があります。

私は個人的にはケーキだとハイナーが一押しですが、その時の雰囲気で色々なカフェに行きます。

お客様と観光中でも、どんな雰囲気のカフェに座りたいかお聞きしてその都度色々なカフェに行きます。

ウィーンのカフェハウス文化は無形文化遺産にもなっていますから、100年以上も営業しているカフェに入ってちょっとくつろぐのも観光の需要なプログラムだと思います。

カフェに入ったらケーキが置かれているショーウィンドウにも目が行ってしまうことがよくありますね。

今日は最近、個人的においしいなと思ったケーキをちょっと話題にします。

 

続きを読む

GerstnerがなくなってSLUKAになった

ウィーンはヨーロッパで一番長く続いたハプスブルグ王朝の居城があったかつての帝国の都で、今でもその面影を十分見ることが、そして知ることができる奥が深い街です。

ハプスブルグ宮廷に商品を降ろすことが許された業者がたくさんあり、"k.u.k."の称号が今でも使われています。

ハプスブルグ帝国時代の厨房はフランツ・ヨーゼフ1世の時代、"王宮銀器・食卓調度保管室"という名前でしっかりと組織されていて、大規模な運営状況でした。その辺の様子は王宮の銀器博物館などで知ることができます。

厨房にはデザートの部門もあったのでおいしいケーキなどが作られていましたし、"k.u.k."の称号を持つKonditorei (ケーキ屋さん)などにも多くの注文をしています。

その称号を持つ地元で知られたGerstner(ゲルストナー)がいつもの場所からなくなって、代わりにSULKAになりました。

続きを読む

ティローラーホーフでメランジェを飲む

ウィーンで一番好んで飲まれているカフェと言えばメランジェでしょうか。コーヒーとミルクの量が1対1で、上には泡立てたミルクがのせられます。地元で一番好んで飲まれているのがメランジェであれば、そういう意味でウィーンナーコーヒーと言ってもいいような気がします。ウィーンはカフェの文化が根付いていて100年以上も営業している伝統カフェハウスがいくつもあります。私はそんなに頻繁にコーヒーを飲んでいるわけではありませんが、例えば仕事で長くウィーンを留守にする時や、日本に休暇で帰った時などこのメランジェの味が無性に恋しくなるんですね。カフェ文化があるウィーンの街では観光中に有名なカフェに入ってゆっくりする時間も大事です。

そんなにカフェを飲むわけではない私ですが、しかし観光中にはお客様と、仕事の空き時間などや日本からの添乗員さんなどと頻繁にカフェを訪れます。私が一番ウィーンで好きなカフェはSperl (シュペルル)ですが、ここは中心から少し行きづらいため、残念ながら時間的な理由でそんなに頻繁に顔を出すことはありません。個人的によく行くのは国立オペラ座の裏手にあるカフェ ティローラーホーフです。国立オペラ座のすぐ裏には有名なカフェ モーツァルトがありますが、そこはケーキなどおいしいんですがいつも混んでいて落ち着けない雰囲気です。

しかし、ティローラーホーフはカフェモーツァルトとは正反対で、静かなウィーンのカフェらしい空気です。

 

続きを読む

Café Sperlでメランジェを飲む

ウィーンのカフェハウス文化はウィーンではなくてはならない歴史を持った重要な文化で、生活に密着していることがよくわかります。ウィーンでは100年以上の歴史を持ついいカフェハウスがたくさんありますから、是非、滞在中一度は有名なカフェに入ってゆっくりすることをお勧めします。伝統があるカフェに入ると、そこでは時間の流れ方が違っているような気がします。私も個人的に仕事の空き時間によくカフェに行きますし、またもちろん仕事でもお客様にカフェを御案内することもよくあります。

ウィーンの中心部には有名なカフェハウスがいくつもあり、それぞれのカフェの雰囲気があって素敵ですが、私個人的にはやっぱりSperl (シュペルル)が一番好きです。今日はここのメランジェを話題にしましょう。

 

続きを読む

栗のケーキ Maroniblüte(マローニブリューテ)

ウィーンは宮廷文化が栄えた街ですから食事はおいしく、日本人の口に合う料理が多くあります。

ハプスブルグ王朝が健在だった頃には王宮にも専用の厨房があり、しっかりと組織されていて色々な部門に分かれていました。ハプスブルグ家ではすでに15世紀から"銀器保管室"があったことが確認されています。19世紀になると。銀器保管室と食卓調度保管室が一緒になり、"王宮銀器・食卓調度保管室"という名前で運営されていて、デザート部門もありましたからウィーンにはおいしいケーキが食べられる店がたくさんあります。

王宮には銀器博物館がありますから時間があれば訪れてみて下さい。いかに大掛かりで、でもしっかり統率されていたことがわかり、お皿や銀器類、デザートの型など色々なものが見られます。

 

おいしいケーキが食べられる店というとたくさんありますが個人的にはハイナーが好きですが、ウィーンの有名なカフェハウスで食べるケーキはどこもそれなりにおいしいです。

冬のこの時期は秋から登場している栗のケーキが色々なカフェで提供されていて、それぞれ個性があって食べ比べてみるのもおもしろいです。

一昨年まで話題にしていた栗のケーキを今年はシーズンが終わりになる前にまた登場させたいと思います。

 

続きを読む

カフェ Kapuziner (カプツィーナー) 2

ウィーンのカフェハウス文化は無形文化遺産にも登録されているぐらいですから伝統と歴史があり、なおかつウィーンの生活に密着しています。

ウィーンには100年以上も営業しているカフェハウスがたくさんあり、それぞれのカフェが誇りを持って存在しているように見えます。

それぞれのカフェにはそれぞれの雰囲気があります。

伝統カフェには年配のボーイさんがタキシードを着て働いている所が多く、またカフェ自体の内装も歴史を感じさせる雰囲気の所が多いですね。

ウィーンに来たら伝統カフェに行って少しゆっくりする時間も大事です。

 

続きを読む

Café Hofburgでのテイスティング

カフェ文化はウィーンでは切り離すことができない重要なもので、100年以上も営業している伝統的なカフェハウスがたくさんあります。

ウィーンでは多くの人が行きつけのカフェを持っていて、カフェは生活に密着していることがよくわかります。

個人のお客様を御案内する時にはお客様の御希望により観光中によく有名なカフェに行きます。

徒歩観光をしているとそれなりに疲れてきますから、ちょっとカフェでくつろぐだけでだいぶ違います。

その時にはお客様に御希望のカフェハウスがあるか、お任せの場合はいくつかのカフェを例に出しお客様の決めて頂いたり、私が個人的に御案内するばあいなど様々です。

個人的には中心から少し行きづらいのが欠点ですがSperlは大好きなカフェのひとつです。

その他にはGriensteidlも結構好きで、ここでは朝食を食べることがよくあります。(Griensteidlの朝食

団体ツアーでもお茶をすることがよくあります。

通常の市内観光ではお茶することはあまりなく、オプショナルツアーなどによく組み込まれています。

また、ウィーンの森に行った時もよくお茶することがあります。

団体ツアーのオプショナルでは最近Centralに行くことが多く、一週間に3回ぐらい行くこともあります。

カフェCentralではありませんが、王宮のカフェでコーヒーとトルテのテイスティングをするというちょっとおもしろいオプショナルツアーもあります。

 

 

続きを読む

やっぱりここのカボチャのクリームスープはおいしい

ウィーンは季節がハッキリ感じられる街です。それは街路樹や公園に植えられている木々などの自然からだけではなく、その時期の習慣などや旬の物などが街中にたくさん見られます。例えば秋の味覚のシュトゥルムなどは季節を感じさせてくれる代表的なものです。個人的に大好きなシルヒャー・シュトゥルムがグラーベンに来るともう11月まであとわずか、街中にクリスマスの空気が漂い始めます。ウィーンの街は四季それぞれの顔があり、それぞれのいい所があります。

さて、季節を感じさせるくれる物のひとつとして、カボチャがあります。オーストリアはカボチャの生産でも有名で、ちょっと郊外に行くと畑にはたくさんのカボチャが転がっているように置かれている光景をよく目にします。秋の時期にはカボチャのクリームスープなどは典型的な味覚のひとつとなります。

 

続きを読む

カイザーシュマレン (Kaiserschmarren)

ハプスブルグ帝国の時代は宮廷で様々な料理が作られましたので大きな厨房が当然存在していました。

王宮の銀器博物館などに行くと当時の模様を知ることができます。

様々な部門に分かれていましたの中で、デザート部門もありましたからウィーンにはおいしいケーキ屋さん(Kaffeekonditorei)が今でもたくさんあります。

帝国時代に生まれた料理やデザートは今でも地元で好まれて食べられているものがたくさんあります。

今日話題にするものも帝国時代に生まれたものです。

 

 

続きを読む

CAFE MAXIMILIAN

個人旅行でウィーンに来る方はたいていガイドブックを持っていらっしゃるでしょう。

日本では様々なガイドブックが売られていて、ローカル情報を事前に知ることができます。

ガイドの立場から言わせて頂ければガイドブックの情報は全てが正しいわけではありませんので参考程度に使われたらいいかと思います。

今日はそんなガイドブックにはおそらく紹介されていない地元の人が多く集まるちょっとしたカフェレストランを話題にします。

 

続きを読む

Café Schwarzenberg (カフェ シュヴァルツェンベルク)

このコーナーではすでに多くのカフェハウスを紹介しましたが、今日は久しぶりにウィーンのカフェハウスのひとつを話題にしましょう。

ウィーンは100年以上も続いている伝統的なカフェハウスが多くあり、

"Kaffeehauskultur"(カフェハウス文化)はウィーンの生活の一部となっていて、切っても切り離せない関係にありますし、無形文化遺産にもなっています。

 

 

続きを読む

Griensteidlのザッハートルテ

ウィーンは100年以上も続いている有名な歴史ある伝統カフェから地元人に根付いたローカルな一般カフェ、そしてスタバのようなカフェまで様々です。

ウィーンのカフェハウス文化は無形文化遺産にも登録されているので、ウィーンに来たらやっぱり有名なカフェハウスに最低一度は入って、ちょっとくつろぐ時間も必要です。

 

私の場合は毎日様々なお客様を御案内していますので、時には静かに物思いにふける時間が必要です。

そんな時にカフェに足を運びます。

また、次の仕事まで時間的に中途半端で家に帰れないような時によくカフェを利用します。

私にとってもカフェハウスは重要で、ウィーンの文化に忘れてはならないものです。

 

もう何回も書いていますが、個人的にケーキが一番おししいのはハイナーなのでよくハイナーには足を運びますが、一番私が好きなカフェはSperlです。

でもここは中心からちょっと行きづらいので、時間が限られている時にはどうしても中心地になります。

それ以外にも有名なカフェがたくさんあるので、どれにしようかと選ぶのもまた楽しみのひとつとなっています。

個人的にGriensteidlも好きで、デーメルなどと違って慌ただしさがなく気軽に寄れます。

今日はここのザッハートルテをちょっと話題にしましょう。

 

 

続きを読む

エスターハーズィトルテ

ウィーンにはおいしいケーキが食べられるカフェ・コンディトライ(お茶ができるいわゆるケーキ屋さん)がたくさんあります。

そのため、ちょっとメランジェを飲みに行こうと思っても、おいしそうにケーキが並んでる

ウィンドウを見ると、ついついケーキも注文してまうことがよくあります。

 

もう何回も書いてますが地元で定評があるのはやっぱりハイナーやオーバーラーが真っ先に挙がってくると思いますが、それ以外でもケーキがおいしい所はいくつもあります。

 

ちょっと前に今ちょっとはまっているケーキとしてErdbeeromeletteを紹介しましたが、これはイチゴですから時期ものなので、今日は年間を通してどこでも食べられる定番なケーキについて少し書きましょう。

 

続きを読む

カフェ SperlのKapuziner

ウィーンのカフェハウス文化は無形文化遺産にも登録されていて、非常に奥が深いものとなっています。

街中には100年以上も営業している伝統的カフェハウスがたくさんあります。

当然、カフェの種類もたくさんあるわけで、そもそも伝統的なカフェハウスに入っても

"コーヒー"という名称はまず使われていませんのでメランジェアインシュペンナーのようにちゃんとした名称で注文する必要があります。

カプチーノもポピュラーで有名ですが、地元で一番飲まれているコーヒーはやっぱりメランジェでしょうね。


このカプチーノを生んだそのおおもとである"Kapuziner"というコーヒーはどこでも飲めるものではありません。

以前ドロテウムのカフェにあるKapzinerを紹介しましたが、今日は有名なカフェのひとつであるSperl(シュペルル)のKapuzinerです。


続きを読む

今ちょっとはまってるハイナーのErdbeeromelette

ウィーンはおいしいケーキ屋さん(Kaffeekonditorei)がたくさんありますが、私個人的にはハイナーが一番好きです。

次の仕事までの合間にお茶をしたり、当然ケーキを食べたり、またここのGarniertes Eiはよく食べます。

去年も今ちょっとはまってるケーキとしてBeeren Omeletteを話題にしましたが、これに似たものでやっぱりはまっているケーキを紹介します。

 

続きを読む

ウィーン風アイスコーヒー

去年の夏もとにかく暑い日が多かったウィーンです。

30℃を越えた日が44日間もあり、35℃~38℃という日も多かったです。

その時期ウィーンに来られた方は、「もっと涼しいと思いました・・・」とか「日本の暑さから脱出できたと思っていたのに・・」という言葉を毎日のように聞きました。

 

今年もすでに4月に入ってさわやかで気持ちいい朝と日中も20℃を超える日が続いてます。

街中では半袖でいる人も多く見かけるようになりました。

 

さて、暖かい陽気になり、カフェのテラスに座っている人も多くなりました。

そろそろ冷たい飲み物を飲みたくなりますね。

毎年のことですが、何度となくお客様から"アイスコーヒー"を飲みたいんですが・・・という要望を聞きます。

 

ウィーンはカフェ文化が根付いている街ですから、アイスコーヒーも当然あるだろうと思われると思いますが、実は日本的なアイスコーヒーはほとんど期待できません。

それこそスタバにでも行けば提供されていますが、一般的なカフェハウスにはありません。

そもそもコーヒーは熱いものですから、それを冷たくして飲むという習慣があまりなかったからでしょう。

 

カフェに入って"アイスコーヒー"と注文すればアイスコーヒーは出て来ますが、全く別の

スタイルでのアイスコーヒーが登場しますので、えっ!と思われてしまうでしょう。

 

それが今日のテーマである"Wiener Eiskaffee" (ヴィーナー アイスカフェ)です。

 

続きを読む

カフェCentralのアインシュぺンナー

ウィーンはカフェ文化が根付いている街で、カフェは地元の人々にとって生活の中で欠かせない存在となっています。

 

ウィーンは100年以上続いている伝統的カフェハウスがたくさんあるので、ウィーンに来たら是非、そのようなカフェでゆっくりくつろぐ時間も取って欲しいと思います。

 

ウィーンの伝統カフェに行くと、単純に"コーヒー"という名称は存在しませんから、少しだけでも予習していくことをお勧めします。

地元で一番飲まれているのはやっぱりメランジェでしょうね。

私も日本からのお客様にはメランジェを最初に勧めます。

ウィーンで一番飲まれているコーヒーという意味では、メランジェがウィーンナーコーヒー

と言ってもいいと思いますが、ウィーンではそもそも"ウィーンナーコーヒー"という名称は存在しません。→ ウィーンナーコーヒーという名称はありません

 

メランジェの次にやっぱりアインシュペンナーでしょうか。

 

続きを読む

ハイナーの"ガルニールテス・アイ" (Garniertes Ei)

ウィーンは伝統的な歴史あるカフェハウスがたくさんあります。

それぞれのカフェには独自の雰囲気があって個性があります。

カフェの雰囲気で店を選んでもいいですね。

たいていのカフェではケーキが少なからず置かれていますが、カフェ・モーツァルト

Griensteidlフラウエンフーバーラントマンのように食事もできるカフェもあります。

しっかりした食事ができなくても、軽食がある場合がほとんどです。

私個人的に好きなカフェはハイナーですが、ここには気軽に食べられる軽食がいくつかあります。

そのひとつを話題にしたいと思います。

 

 

続きを読む

レストラン ヘルドリッヒスミューレ(Höldrichsmühle)

ウィーンはかつての帝国の都ですから、荘厳な建造物が多く建ち並んでいますね。

また、"森の都"と形容される通り、街中は緑が本当に多く見られます。

ある程度ウィーンで時間が取れる方は、やっぱり"ウィーンの森"にも足を延ばして見たいなと思われるはずです。

ガイドブックなどでもウィーンの森は必ず紹介されていますよね。

ウィーンの森と言っても広大で、広さは1.250km²もあるわけで、北、西、南とウィーンを

3方向から囲んでいます。

そのため観光ポイントも大きく3か所に分かれるわけで、これを全部見ようと思ったら時間がいくらあっても足りません。

現地のツアーなどに乗らず、個人的に行こうと思ったら、北の森の方が手っ取り早いです。

カーレンベルクベートーヴェンの遺書の家ベートーヴェンの散歩道などが定番です。

しかし、比率的には圧倒的に南の森に行くことが多いわけです。

南の森はウィーンの外にあり、非常に行きづらい上に、見所がとても多く点在しています。

バーデンハイリゲンクロイツ修道院マイヤーリンクリヒテンシュタイン城ゼーグロッテなどがこの南で一般的な観光ポイントです。

 

その中で今日は今までなぜか話題にしなかった、でも南の森では重要な観光ポイントのひとつであるシューベルトゆかりのレストランHöldrichsmühle (ヘルドリッヒスミューレ)について少し紹介します。

 

続きを読む

カフェ Landtmann (ラントマン)

ウィーンは冬でも歩きたくなるような街並みで、ローマ時代から今に至るまであらゆる分野の様々な歴史を垣間見ることができます。

街並みが美しいので特に何の目的もなく旧市街を散歩するだけでも楽しいです。

ある程度歩くと座りたくなりますね。そんな時にはカフェハウスです。

ウィーンは100年以上も続いている伝統を持ったカフェがいくつもあります。

このブログコーナーでもすでにたくさんのカフェについて紹介しています。

PalmenhausRESIDENZaidaSperl (シュぺルル)ハヴェルカハイナー

フラウエンフーバーツェントラルグリーンシュタイドゥルモーツァルト

ティローラーホーフディグラスZauner (ツァウナー)フュルストALT WIENなどと結構書いてきました。

 

今日は今までなぜ話題にしなかったのだろうという有名なCafé Landtmannです。

 

続きを読む

KAFFEE ALT WIEN

ウィーンはヨーロッパ文化が行凝縮しているとても奥が深い街です。

街全体が博物館のようですから、歩いているだけでも十分楽しいです。

しかし、一般的なパッケージツアーでは、シェーンブルン宮殿やベルヴェデーレ宮殿、リンク道路など、バスで見られる所を訪れるのが圧倒的に多く、旧市街にも入らないでウィーンを後にする方も多いのがとても残念です。

一番歴史が詰まったウィーンの旧市街地は是非時間をかけてゆっくり歩くべきです。

そして、伝統的なカフェに入って少しうつろぐぐらいの気持ちのゆとりはあってもいいのではないでしょうか?

この"ウィーンこぼれ話"では色々なカフェを紹介していますが、今日話題にするカフェは

観光の皆さんがまず行かないカフェであり、しかし地元では有名なカフェのひとつです。



続きを読む

モーツァルトクーゲルのオリジナルを生んだザルツブルクの"Fürst"(フュルスト)

オーストリアに来て旅のお土産は・・・というと多くの方がモーツァルトクーゲルンを買われるんではないかと思います。

モーツァルトの顔がテーマになっているボールの形をしたチョコレートです。

スーパーやちょっとした土産物屋で必ず見られるモーツァルトクーゲルンはよく見ると種類が多いことがわかります。

一番良く目にするのはミラベルのモーツァルトクーゲルンで、えんじ色の箱に入った金色の

包み紙に包まれたものです。

しかしこれはオリジナルではありません。

オリジナルは2013年にもここで紹介していますが、ザルツブルクにあるケーキ屋さん、Fürst (フュルスト)でしか買うことができません。


今日はこのフュルストのカフェについて少し書きたいと思います。


続きを読む

お勧めの栗のケーキ(2015年)

早いもので9月ももう最後の日となりました。

朝6時15分を過ぎてもまだ暗いので、日照時間が短くなってきていることがわかります。


毎年この時期になると街中のカフェでは栗のケーキが登場します。

季節を感じますね~!

中でも特に人気があるのは個人的に大好きなこの栗のケーキです。

毎年このケーキを個人的好みで話題にして申し訳ありませんが、季節を感じるものとして

今年も登場させたいと思います。


続きを読む

美術史博物館のカフェ・レストラン

ウィーンで"カフェハウス"と言えば、100年以上も営業している伝統的なカフェハウスを

まず思い浮かべると思います。ウィーンには様々な伝統名物カフェがあります。

しかし、今日話題にするカフェは"カフェ"という感覚では最初にはおそらくすぐには思いつかないカフェです。

それは美術史博物館のカフェ・レストランです。


続きを読む

デーメルのザッハートルテ

ウィーンにはおいしいケーキが食べられるカフェがたくさんあります。

個人的にはハイナーやオーバーラー、ラントマンのケーキが好きですが、伝統や知名度からすればデーメルとホテルザッハーの2軒が真っ先に挙げられるでしょうか。

 

ウィーンで一番有名なケーキと言えばやっぱりザッハーとたいていの人が答えるでしょう。

ザッハートルテが別にウィーンで一番おいしいケーキではないにもかかわらずです。


ここでもオリジナルザッハートルテというタイトルでホテルザッハーのザッハートルテについて書いていますが、今回はデーメルのザッハートルテについて少し触れたいと思います。

 

続きを読む

今ちょっとハマってるケーキ

ウィーンの街中には100年以上続いている有名な伝統的カフェがたくさんあり、それぞれの

カフェは個性があり、雰囲気が違います。

地元の人も行きつけのカフェハウスがあり、毎日決まった時間に同じカフェに来る人もいてカフェの座席を予約している人もいます。

逆にその時の気分で今日はこのカフェにしようとか決めている人も多いでしょう。


カフェに入ると、ついついトルテ(ケーキ)も気になってしまいますよね。

ウィーンはおいしいケーキが食べられるカフェもたくさんあり、お茶だけのつもりでカフェに入ったにもかかわらずケーキも注文してしまった・・・なんてことはよくあることです。


ウィーンではハイナーやオーバーラーがケーキとしては一番人気だと思いますが、

個人的に好きなハイナーのこのケーキに最近ちょっとハマっています。


続きを読む

有名なケーキ屋さん"Zauner"

このブログコーナーは、"ウィーンこぼれ話"というタイトルですが、別の何を書かなければいけない・・・なんてことは一切考えていません。その時の気分で書いています。

ウィーンについてのことがもちろん一番多いわけですが、オーストリアはウィーン同様、奥が深い美しい国ですから、ウィーン以外のことだってここにはよく登場します。

 

カフェ文化はウィーン切り離すことができないもので、ウィーンには伝統があって、知られたカフェハウスがたくさんあります。

また、カフェに伴って、やっぱりTorte (トルテ・・・ケーキ)も重要ですね。

ウィーンにはおいしいケーキ屋さんがたくさんあります。

 

さて、今日は地元で大変有名で、私もそこに行けば絶対に寄る・・・しかし残念ながらウィーンではない

Café Konditoreiについて書きたいと思います。

 

 

続きを読む

お勧めのイチゴのケーキ

ウィーンにはおいしいケーキが食べられるカフェがたくさんあります。

ちょっと一休みしようと、街並みを楽しみながら行き交人々を傍観しながらカフェのテラスに座ることがよくあります。

その時についついケーキを食べてしまうんですね!

 

個人的にはハイナーやオーバーラーがウィーンで一番だと思いますが、それ以外にも

おいしいケーキが食べられる所はたくさんあります。

 

今日は個人的に好きなイチゴのケーキについて少し書きたいと思います。

 

続きを読む

カフェ DIGLAS (ディグラス)

"Wiener Kaffeehaus Kultur" (ウィーンカフェハウス文化)はユネスコの無形文化遺産にも登録されていて、伝統と歴史を持っています。

このコーナーでもいくつかのカフェハウスを紹介していますが、今日は中心にありながらも

あまり日本からの観光の皆様が行かないカフェについて少し書きたいと思います。


続きを読む

カフェ Kapuziner (カプツィーナー)

ウィーンには100年以上も営業しているカフェハウスがいくつもあり、それぞれ独自の個性と伝統を持っています。

しかしどのカフェハウスでも、メランジェやアインシュぺンナーといったウィーンならではのカフェは絶対飲むことができ、また単純に"コーヒー"という名称は普通の伝統があるカフェハウスではまず存在しません。

 

カフェ自身にも独自の名称があることもウィーン流だと思います。

その中で、意外とその辺のカフェでは飲むことができないカフェ、でも言われは有名なカフェがあります。

 

 

続きを読む

カフェ ティローラーホーフ

ウィーンとカフェ文化は切り離すことができません。

ウィーンには100以上の歴史ある伝統的カフェがいくつもあり、様々な種類のカフェが提供されていますが、ウィーンではやっぱりメランジェが一番多く飲まれています。


ウィーン滞在が短くても、是非カフェに入って一息つく時間ぐらいはとって頂きたいと思います。


今日話題にするカフェは気軽にウィーンカフェハウスの雰囲気が味わえる

"Café Tirolerhof" (カフェ ティローラーホーフ)です。


続きを読む

カフェ モーツァルト

ウィーンとカフェは切り離すことができないもので市民の生活に密着しています。

今風のカフェ、ケーキがおいしいカフェ、そして100年以上の歴史を持つ伝統カフェ・・・と様々で、それぞれのカフェによって雰囲気が違います。

 

このコーナーでもたまにカフェハウスを話題にしていますが、今回は観光の皆さんを始め、地元でも非常に有名なカフェ モーツァルト(Café  Mozart)についてです。

 

続きを読む

100年ぶりに復活したカフェ Griensteidl

このコーナーでもいくつかのカフェを紹介していますが、ウィーンは話題性があって100年以上も続いてるカフェがいくつもあり、ウィーンの街を歩くとカフェ文化を感じます。

今日はそのカフェの中でもほぼ100年ぶりに復活したカフェ"Griensteidl"(グリーンシュタイドゥル)について少し書いてみようと思います。

続きを読む

Café Central(カフェ ツェントラル)

ウィーンには名物カフェがたくさんあります。

それぞれのカフェにはそれぞれの空気があり、また長所、短所もあり雰囲気が違います。

 

歩き疲れたら、カフェに腰を下ろして、ボーっとしてみたいですね。

 

時間を見つけてこのコーナーでも、シュぺルル, ハイナーフラウエンフーバー, ハヴェルカパルメンハウスなどを紹介しました。

 

今日は Café Central カフェ ツェントラルです。

 

続きを読む

今年もやっと出たお勧め "栗のケーキ"

待ちに待った栗のケーキが今年も一昨日の9月27日に登場しました。

去年2013年10月12日に"ウィーンで一番お勧めの栗のケーキ"として話題に出しています。


続きを読む

オリジナル ザッハートルテ

ウィーンには美味しいケーキ屋🍰さんがたくさんありますが、ケーキの種類として真っ先に出て来るのは何と言っても"Sachertorte" ザッハートルテ (ザッハトルテ)でしょうか。

たいていのカフェ、レストランでザッハートルテを食べることができますが、"オリジナル"にこだわるのであれば国立オペラ座の裏手にあるホテル ザッハーのザッハートルテです。

続きを読む

カフェ フラウエンフーバー (FRAUENHUBER)

今日は久しぶりにウィーンのカフェハウスがテーマです。

地元で有名なカフェのひとつ "FRAUENHUBER" (フラウエンフーバー)について書きたいと思います。

続きを読む

ケーキがおいしいカフェ 「ハイナー」

このコーナーではすでにウィーンのいくつかのカフェや、私が大好きな「栗のケーキ」を紹介していますが、ウィーンでケーキがおいしいカフェと言えば、それこそ栗のケーキで有名なラントマン、歴史あるデーメル、帝国時代からあるゲルストナーも有名ですが、人それぞれ好みがあるとは思いますが、やっぱりHeiner(ハイナー)と

オーバーラー (Oberlaa)の2軒が双璧でしょうか。

 

今日は私の大好きなハイナーについてです。

 

 

続きを読む

場末のカフェ「ハヴェルカ」

ウィーンのカフェコーナーでも書いていますが、

ウィーンには名物カフェがいくつもあり、それぞれ独特の個性や雰囲気があってとてもおもしろいわけですが、この場末的なカフェ「ハヴェルカ」(Café Hawelka)も

とても有名です。

 

 

続きを読む

インペリアルトルテとアインシュペンナー

ウィーンには個性ある伝統カフェがいくつもあります。 

 

一般的に単独のカフェハウスをイメージしますが、ザッハートルテを生んだホテルザッハーのようにホテル自体が有名で、そこのカフェやトルテが知られている場合もあります。

 

その中で、ウィーンでは一番格式があると言われる「ホテル インぺリアル」のインペリアルトルテも有名で、ザッハートルテに対抗するかのように、ホテルインペリアルが力を入れて宣伝しています。

 

ホテル インペリアルは元々リンク道路上の建造物として、1865年 Prinzen von Württemberのプライベート宮殿として、Arnold Zenetti によって建てられました。

その後所有者が変わり、最終的に1873年にウィーン万博博覧会の時、フランツヨーゼフ1世皇帝とエリザベート皇后立ち会いのもと、ホテルとしてオープンしています。

 

続きを読む

有名なお勧めカフェ「Café Sperl」

このブログコーナーではウィーンのカフェをすでにいくつか紹介させて頂いていますが、今回は地元でも大変有名な「Café Sperl」(カフェシュぺルル)です。

 

カフェ シュぺルルは、1880年Groß und Jelinek

によって、Jacob Ronacherのために作られました。

 

その年の12月には、Sperlファミリーによって受け継がれ、現在でもそのままその名前が使われています。

1998年には、 "Coffee of the Year" of Austria にも選ばれています。

 

 

 

続きを読む

ウィーンで一番お勧めの栗のケーキ

9月26日にこのコーナーで、気軽に寄れる「aida」について書いた時に、後日必ず

御紹介すると断言した別の店の栗のケーキ・・・

それを今日は御紹介します。

 

 

続きを読む

気軽に寄れる 「aida」

ウィーンの街は有名なカフェやおいしいケーキ屋さんがたくさんありますが、

地元で支えられているカフェ、ケーキのチェーン店「aida」・・・アイーダはとても有名です。ハイナー、オーバーラーのケーキは地元でも一番おいしいとも言われ、その次ぐらいにラントマン、ゲルストナーといった有名カフェのケーキもおいしいですが、これらはネームバリューもあり、少しですけどノーブルなイメージがあります。

 

でもこのaidaは言ってみれば庶民のカフェで、同時にケーキもかなりおいしいです。

上に挙げた有名カフェよりも値段が安く、ケーキの種類も豊富です。

 

続きを読む

シェーンブルン宮殿のお勧めカフェ

ウィーンに来られるたいていの皆さんが世界遺産であるシェーンブルン宮殿に行かれる

ことと思います。

 

宮殿見学や博物館見学は思ってるほど歩くもので疲れますね。

そんな時にカフェに座ってちょっとゆっくりしたいです。

 

続きを読む

お勧め!  カフェ Palmenhaus

国立オペラ座から近い所のカフェといえば、オペラ座自らカフェがありますが、カフェ モーツァルトが知られています。

でもそこから少しだけ歩いていくとモーツァルト像で有名なBurggarten (王宮庭園)にPalmenhaus という地元でよく知られているカフェがあります。

 

私も空き時間がある時によく行くお勧めスポットのひとつです。

 

リンク道路側からこの庭園を見ると、ト音記号で有名なモーツァルト像が目立ち、向かって左側には王宮の新王宮の荘厳な建造物が見られますが、このカフェは全くと言っていいほど見ることができません。

それはリンクから見れば一番奥に位置している上に、

庭園の豊かな緑が茂っているため見えないのです。

 

 

続きを読む

カフェ カプチーノとフランツィスカーナ―

日本からのお客様にウィーンのカフェを飲んで頂く時に、やはりメランジェ、

アインシュペンナーを最初にお勧めしています。

先日5月28日に「ウィーンナーコーヒーはありません」というタイトルでメランジェと

アインシュペンナーに触れました。

 

ここではもう少し突っ込んでメランジェを含めて

3つのカフェを比較してみたいと思います。

 

 

続きを読む

ウィンナーコーヒーという名称はありません

Griensteidl のメランジュ

ウィーンのカフェについて以前も少し触れましたが、ウィーンは100年以上営業している「伝統カフェ」がいくつもあります。

そんな伝統カフェのメニューにも、ウィンナーコーヒーという名称はなく、また単純に「コーヒー」という名称も見当たりません。

 

もちろん世界の色々な方が単純に「コーヒー」と注文するので、

ボーイさんは「どんなカフェがいいですか」と聞き返し、カフェの種類を色々と説明してくれる所もあります。

 

メランジェ(Melange)が地元では一番飲まれています。

コーヒーとミルクが1対1で、ミルクが泡立ててあるものです。

 

 

続きを読む

ウィーンのカフェ

デーメルのメランジュ

ウィーンはカフェが生活に密着しています。歴史の中で名高いオスマントルコのウィーン包囲(1683年)の2年後に

最初のカフェがオープンしています。

 

スタバのような今風のカフェも多いですが、やはりウィーンカフェ文化は100年以上営業している伝統カフェがウィーンのカフェです。

 

決 して豪華な内装ではなく、でも伝統と懐かしさを感じ、年配のボーイさんがタキシードを着て仕事をしている、ウィーンカフェならではの新聞ばさみに挟まれた 新聞、スプーンが裏返しで登場、長居したくなる、コップ一杯の水道水がついてくる・・・

などなど色々な特徴があります。

 

また、「コーヒー」という名はメニューには存在しないので、何か名称で頼みます。

定番はMelange (メランジェ)で一番地元では飲まれています。

コーヒーとミルクが一対一でミルクが泡立ててのせてあります。

 

よく言う、ウィーンナーコーヒーという名称はありません。

外国からの人々がよくそう注文するので、カフェでは、ウィーンナーコーヒーと言われたら、これを出そう・・・なんて空気があることは確かです。

 

ウィーンでは「Einspänner」(アインシュペンナー)と言います。

通常はグラスでサービスされ、濃い暖かいコーヒーの上層に(カフェによってはコーヒーの層以上に)生クリームが詰め込まれてる!?ようなスタイルが一般的です。

 

ウィーンのカフェには様々な種類のカフェがあります。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

 

 

ページのトップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム   ガイド料金と業務内容について     オーストリア国家公認ガイド

 


オーストリアの概要     ウィーンお勧め観光コース

 

 

ウィーン観光で役立ちそうな情報           ウィーンの公共交通機関   

 

 

ウィーンの博物館とオープン時間     お問い合わせ     掲示板

 

 

ウィーンこぼれ話(ブログ)      現地催行お勧めツアー My bus                                            

 

利用規約      リンク集