Café Central(カフェ ツェントラル)

ウィーンには名物カフェがたくさんあります。

それぞれのカフェにはそれぞれの空気があり、また長所、短所もあり雰囲気が違います。

 

歩き疲れたら、カフェに腰を下ろして、ボーっとしてみたいですね。

 

時間を見つけてこのコーナーでも、シュぺルル, ハイナーフラウエンフーバー, ハヴェルカパルメンハウスなどを紹介しました。

 

今日は Café Central カフェ ツェントラルです。

 

カフェ ツェントラルは、シュテファン大聖堂、国立オペラ座などからは若干行きづらい所にあります。

ローマ時代の遺跡が見られ、ミヒャエル教会、ロースハウスなどが建っているミヒャエル広場から伸びているHerrengasse を歩いて行くと、古典的なアーチが印象的な建物が比較的細長い建物が見えてきます。

この建物の1階がカフェ ツェントラルで入口もそこです。

 

この建物は歴史的重要な建造物で、Palais Ferstel (フェルステル宮殿)と呼ばれ、 ヴォティーフ教会も手掛けた、ハインリヒ・フォン・フェルステルによるもので、1860年に完成しています。

 

もともと1855年にこの場所は、オーストリア国立銀行に買い取られました。

オーストリア国立銀行が当時の場所(Bankgasse)が狭くなったので、新しい場所を早急に必要としていたからです。

 

フェルステルがイタリア旅行から得たインスピレーションを元に、豪華な宮殿をイメージしました。

アーチが印象的なルネッサンス様式(後期ロマン歴史主義様式)です。

 

1860年に完成後、ここには、ウィーン証券取引所、オーストリア・ハンガリー帝国銀行もここに入っていました。

 

証券取引所が1876年にここを出て、リンク道路沿いに完成した新しい建物に移り、

そこでPach兄弟によってカフェ ツェントラルがオープンしました。

 

 

カフェに入ると、基本は宮殿なので美しいアーチ空間が広がっていて、そこにたくさんテーブルがあり、

それぞれのテーブルにはそれぞれの時が流れています。

 

このカフェは、当時知識人達が集まった重要なカフェで、常連としてフロイト、シュニッツラー、ホフマンスタール、トロツキー、アルテンベルク、ロース等が挙げられます。

 

現在はオーストリアVerkehrsbüroグループに属する、Palais Eventsによって運営されています。

 

 

個人的にここのケーキもおいしいと思います。

Palais Eventsは、このCafé Central の他に、Palais Daun-Kinsky,Palais Ferstel,Börsensäleも運営していますので、料理などもおいしいわけです。

 

私個人的にはあまりごみごみしていなくて、ゆっくり物思いにふけることができるカフェの方が好きで、ウィーンらしいと思っています。

ここはよく行列が出来たりしていますね。

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村