カフェ フラウエンフーバー (FRAUENHUBER)

今日は久しぶりにウィーンのカフェハウスがテーマです。

地元で有名なカフェのひとつ "FRAUENHUBER" (フラウエンフーバー)について書きたいと思います。

カフェ フラウエンフーバーはウィーン旧市街の一角の、ケルントナー通りから伸びているHimmelpfortgasseにあり、カフェがある建物は美しいバロック様式です。

 

この場所はすでに14世紀からの記録がありBadestubeという公衆浴場で、そこに来るお客さんのために、

髪を切ったり、ひげを剃ったり、マッサージなども行われていた施設で、ハイリゲンクロイツ修道院

所有していたそうで、ここは1720年に閉じられました。

その後現在のように美しいバロック様式に改装されます。

 

 

1788年にここで、マリア・テレジアの料理人Franz Jahnが高級レストランを開き、モーツァルトやベートーヴェンなどがここで演奏していました。

 

こちらの写真はカフェの入口横にある記念プレートです。

 

これによるとモーツァルトは1788年、ベートーヴェンは1797年に演奏したと記されています。

 

Franz Jahnは1812年にこの場所を売りました。

 

 

1824年、すでに別の場所で知られていた

Café Hänischがここに移って来ました。

 

その後所有者が数回変わって、最終的に1891年に現在の名前Frauenhuberとなりました。

 

地元ウィーンでも大変好まれているカフェハウスで、現在でも営業しているカフェとしてはウィーンでは一番古いカフェでしょうか。

 

 

 

 

 

 

中に入ると、最初に奥行きがあるカフェであることがわかり、入口左右にも空間があります。

 

歴史あるカフェですが、あまり古そうな雰囲気は感じません。

むしろ少しだけエレガントな感じです。

 

テーブルの数は全部で37あり、奥にはちょっとした空間があります。

ここはウィーンナーシュニッツェルなどを始め、食事もでき、それなりにおいしいです。

ケルントナー通りからちょっと入っただけですが、ちょっと閑静な場所にあります。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村