ウィーンのカフェ

デーメルのメランジュ

ウィーンはカフェが生活に密着しています。歴史の中で名高いオスマントルコのウィーン包囲(1683年)の2年後に

最初のカフェがオープンしています。

 

スタバのような今風のカフェも多いですが、やはりウィーンカフェ文化は100年以上営業している伝統カフェがウィーンのカフェです。

 

決 して豪華な内装ではなく、でも伝統と懐かしさを感じ、年配のボーイさんがタキシードを着て仕事をしている、ウィーンカフェならではの新聞ばさみに挟まれた 新聞、スプーンが裏返しで登場、長居したくなる、コップ一杯の水道水がついてくる・・・

などなど色々な特徴があります。

 

また、「コーヒー」という名はメニューには存在しないので、何か名称で頼みます。

定番はMelange (メランジェ)で一番地元では飲まれています。

コーヒーとミルクが一対一でミルクが泡立ててのせてあります。

 

よく言う、ウィーンナーコーヒーという名称はありません。

外国からの人々がよくそう注文するので、カフェでは、ウィーンナーコーヒーと言われたら、これを出そう・・・なんて空気があることは確かです。

 

ウィーンでは「Einspänner」(アインシュペンナー)と言います。

通常はグラスでサービスされ、濃い暖かいコーヒーの上層に(カフェによってはコーヒーの層以上に)生クリームが詰め込まれてる!?ようなスタイルが一般的です。

 

ウィーンのカフェには様々な種類のカフェがあります。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村