カフェ カプチーノとフランツィスカーナ―

日本からのお客様にウィーンのカフェを飲んで頂く時に、やはりメランジェ、

アインシュペンナーを最初にお勧めしています。

先日5月28日に「ウィーンナーコーヒーはありません」というタイトルでメランジェと

アインシュペンナーに触れました。

 

ここではもう少し突っ込んでメランジェを含めて

3つのカフェを比較してみたいと思います。

 

 

カプチーノ

こちらは日本でもポピュラーなカプチーノです。

実際にはカフェによって多少の違いがあると思いますが、カプチーノは、いわゆるエスプレッソ(ウィーンではMokkaとかScwarzer)に熱い泡立てたミルクをカップいっぱいに注いで、チョコレートパウダーがのっています。

 

 

 

 

 

メランジュ

こちらは再びメランジェです。

 

メランジェはコーヒー

(たいていエスプレッソ)

に熱いミルクをエスプレッソと同量に注ぎ

(1対1でミルクは泡立てない)、

最後にふわっと泡立てたミルクをのせるものです。

 

 

 

 

 

フランツィスカーナー

こちらはフランツィスカーナー

です。

 

メランジェに泡立てたミルクではなく、生クリームがのせてありチョコレートパウダーがかけてあります。

 

日本でいうウィーンナーコーヒーにはこれが一番近いでしょうか。

 

 

 

 

カフェの種類が多いウィーンですが、それぞれにちゃんと違いがあるんですね。

 

ちなみに、ウィーンではカプチーノではなく、カプツィーナー(Kapuziner)というカフェが最初に登場しました。ウィーンに1599年に入って来たカプツィーノ修道会から名前が付けられたカフェです。これがイタリアに渡って、カプチーノになり、それがウィーンに入って来た・・・とされています。

 

なのでウィーンにはカプツィーナーとカプチーノの2つのカフェが存在し、

2つとも別物です。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村