ハイナーの栗のケーキ "Kastanien Schnitte"

ウィーンで生活をしていると、ここは本当に季節を感じられる街だと実感します。

ウィーンは日に日に秋が深まって行きます。

それらは街中に見られる木々の黄葉や、朝に霧が立ち込めるといった自然の変化だけでなく、Schilcher Sturmのようにこの時期にしかないものが多くあります。

このようなものが街中に見られると、自然以外からも季節を感じられますね。

 

今日は私が常連となっているお馴染みハイナーでの秋を感じさせてくれる栗のケーキをお届けします。

 

こちらはKastanien Schitte(カスター二エン・シュニッテ)と呼ばれる栗のケーキです。

三角形状に切られていて、真ん中に栗、その下にはスポンジ、そして外側は生クリームという見かけよりシンプルな作りなのですが、クリームと栗の相性が良く、また栗の味がハッキリしていてとても美味しいです。

写真はちょっと寒さを感じましたがテラスに座ってのひと時のくつろぎで、メランジェとの組み合わせです。

このケーキではやっぱりメランジェでしょう。

普通は小さいコップで水道水が添えられますが、ここで働いている友達がいる時には、いつも大きいコップで出してくれます。

 

 

シンプルな栗のケーキを食べたい方にはこれはお勧めです。

口の中に秋の味覚が広がりますよ。

ちなみにハイナーにはもうひとつの栗のトルテがありますが、いつかまたここで紹介します。

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村