ウィーン最大の市場ナッシュマルクト

ウィーンの街は23区で成り立っていますが、その中で最大の市場といったらNaschmarkt・・・ナッシュマルクトです。

 

 

ナッシュマルクトは、現在のウィーン6区に位置し、

Rechte Wienzeile とLinke Wienzeileの間にあり、

ナッシュマルクトの下にはウィーン川が流れています。

 

ナッシュマルクトは1780年、当時まだ河川工事が行われていなかったウィーン川の右岸(カールス教会側)に、農家の市場のような形で乳製品などが多く売られていました。

 

オフィシャルには「Kärntnertor Markt・・・ケルントナートーアマルクト」と呼ばれ、Wiedner Hauptstraße、Resselgasse、Operngasse,Treitlstraßeの領域にあり、

現在のカールス広場辺りに位置していました。

 

1780年以前は旧市街地のFreyungに市場があり、Aschenmarkt(アッシェンマルクト)と呼ばれ、果物や野菜を売っていました。

 

でもここのショッテン修道会とウィーン市の争いがあったことから、1780年にFreyungからこちらに移ったわけです。

 

 

1899年にオットー・ヴァーグナーの市営鉄道(Wiener Stadtbahn)が開通し、ウィーン川の河川工事と地下化が行われ、1905年に現在の場所に移ったわけです。

 

ナッシュマルクトの広さは2.3ヘクタールもあり、

長さ約600mです。

 

メイン通りが2本あり、いわゆる市場側と、ちょっとしたレストランが多く並んでる側とあります。

 

ここを歩くと、必ずと言っていいほど、店の人から「こんにちは、とかニーハオ」なんて声を掛けられます。

 

ナッシュマルクトの延長上には毎週土曜日だけ行われる、好例ののみの市があります。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村