有名なケーキ屋さん"Zauner"

このブログコーナーは、"ウィーンこぼれ話"というタイトルですが、別の何を書かなければいけない・・・なんてことは一切考えていません。その時の気分で書いています。

ウィーンについてのことがもちろん一番多いわけですが、オーストリアはウィーン同様、奥が深い美しい国ですから、ウィーン以外のことだってここにはよく登場します。

 

カフェ文化はウィーン切り離すことができないもので、ウィーンには伝統があって、知られたカフェハウスがたくさんあります。

また、カフェに伴って、やっぱりTorte (トルテ・・・ケーキ)も重要ですね。

ウィーンにはおいしいケーキ屋さんがたくさんあります。

 

さて、今日は地元で大変有名で、私もそこに行けば絶対に寄る・・・しかし残念ながらウィーンではない

Café Konditoreiについて書きたいと思います。

 

 

それはZaunerです。

ZaunerはザルツカンマーグートのBad Ischlにある地元で有名なケーキ屋さんです。

 

皇帝フランツII/I世の侍医であるヴィラ―博士が、1821年にウィーンの菓子職人であり、ワインの商人でもあった

Johann Zaunerを宮廷御用達の菓子職人としてBad Ischlに呼びました。

それまでBad Ischlには宮廷の要望に応える菓子職人はいませんでした。エリザベート皇后の甘いもの好きは有名だったにもかかわらずです。

 

このBad Ischlはザルツカンマーグートの中でも、湖に面しているわけではありませんが非常に有名な街です。前述したヴィラ―博士は1821年にこのBad Ischlで塩泉療養を始めた最初の人で、ハプスブルグ家の人々がよく訪れていました。

そこから必然的に宮廷人やその周辺の人々もよく訪れました。

ヨハン・シュトラウス(2世)ブラームスの別荘もここにあり、フランツ・レハールもここに住み、ここで亡くなりました。

 

Johann Zaunerは最初に"Wirerkeller"という名で、街の中心とはトラウン川を挟んで反対側にあるMaxquellgasseで働きました。

その後1832年に現在の街の中心であるPffargasseに自分の店であるケーキ屋さんをオープンします。ここは現在

Zaunerの"Stammhaus"と呼ばれています。

 

Johann Zaunerが亡くなった後、息子のKarl Zaunerが店を引き継ぎます。

その後Bad Ischlの火災に遭遇しますが、その4年後1869年に同じ場所に新しい建物を建てさせました。エリザベート皇后もここのお気に入りでした。

 

1927年には、トラウン川沿いのエスプラナーデにもいわゆる支店がオープンします。

2枚の写真はエスプラナーデのZaunerです。

 

私個人的にはSatmmhausよりも、こちらの方が好きです。

川沿いの遊歩道があることから明るく、のんびりした雰囲気が漂っています。

 

 


 

ここのケーキはとてもおいしいです。個人的にはOberlaaよりも好きです。

また、Zauner名物もいくつかあって、お茶をしなくても、それらを買っていく地元の人達がたくさんいます。

 

こここで食事をしたこともよくありますが、料理の味もいいです。

 

ウィーンではないので、じゃあZaunerでお茶するか・・・とは気軽に言えませんが、ザルツカンマーグートに行ったら是非寄りたいですね。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村