2019年 8月

面白い形のエレベーター

ウィーンに観光で来る方はたいていホテルやアパートメントホテル、ペンションに宿泊されると思います。

ウィーンには星の数ほどホテルやペンションがあり、部屋のレベル、立地条件の良さなど様々で料金もそれに合わせて様々です。

ホテルにはたいていエレベーターがありますね。

このエレベーターがごく普通のありふれたタイプもあれば個性的なものもあります。

数泊すると慣れてしまってあまり意識することがなくなります。

私はウィーンに住んでいますから、ウィーンで以外で宿泊することはほとんどありませんが、仕事ではホテルの視察や、観光の始まりや終わりがホテルだったりすることが多くあるので、頻繁にホテルなどに行きます。

時として個性あるエレベーターを目にします。

このコーナーでも過去エレベーターに見えないエレベーターというタイトルで第1弾第2弾第3弾エレベーターのおもしろい階表示などを紹介しましたが今日は久しぶりにエレベーターの話題です。

 

続きを読む

ハイナーのSommer Traum

ここ数日のウィーンは朝18℃前後の爽やかな日が続いています。

しかし、雲の動きは複雑で青空が隠れることが1日に何回もあります。

日中も27℃前後と過ごし易いですね。

ウィーンの空気です。

 

今日はハイナーの別のトルテをちょっと紹介します。

 

続きを読む

ウィーンの森にまた行った

ウィーンは"森の都"とも形容され、ヨーロッパでは街の広さに対して緑の比率が最も高い街です。

中心のリンク道路沿いだけでも6つの公園、庭園があり、街中にも大きな公園や街路樹の緑、シェーンブルン宮殿やプラター公園など大きな緑をすぐに想像できます。

でもその大きな緑を囲むもっと大きな緑がウィーンの森です。

続きを読む

8月15日はマリア被昇天(2019年)

先週からウィーンを離れてザルツカンマーグートやZell am Seeそしてウィーンに戻って来ました。

ザルツカンマーグートは何回も訪れている所ですし仕事ではありましたが、私の大好きな所ばかりでオーストリアの美しい自然に触れてきました。

さて、今日8月15日はマリア被昇天の日で、祝日です。

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 276(野生のシクラメン)

今年は6月4日に今年初めて日中の気温が30℃を超え、7月1日には38.5℃に達しました。

日中30℃を超えた日が昨日までで26日もあります。

日本と違って湿気が少なく、梅雨がないので日陰に行けばかなり凌げますが日差しは強いです。昨日は17:00頃に物凄い雨が降って来ました。

暑い日が続くと、大気の流れが不安定となって一時的に豪雨が来ることがこちらではよくあります。

雨が降ると気温が10℃前後も下がります。

 

さて、8月もこの時期になると自然は秋の気配を感じさせることがよくあります。

今日はそんな花を紹介しましょう。

 

続きを読む

やっぱりハイナーのBeeren Omelette

今年の7月よりついにベルヴェデーレ宮殿も10名以上の場合は予約が必要となりました。

ベルヴェデーレ宮殿は去年8月から入場制限を行っていて、クリムトコーナーのみならず、外にも行列が出来ることが多く、業界では社会問題となっていましたので予約制度はある意味では有難いです。

しかし・・・

団体ツアーの場合はシェーンブルン宮殿も予約時間・・・ベルヴェデーレ宮殿も予約時間・・・ただでさえきついツアーが多い中で、時間の制約もあり、精神的には大変になったと言えます。

きついツアーが終わって次の仕事に行く間に、またはその日の仕事が終わってちょっとリラックスをするのにハイナーによく行きます

ハイナーと言えばやっぱりこのケーキをもう一度登場させましょう。

 

続きを読む

Nationalrpark(国立公園) Donau-Auen schloss ORTHに行って来た

オーストリアは84.000km²と北海道よりちょっと広いぐらいの小さな国ですが、この国がヨーロッパに与えた、残した歴史的、文化的影響というのは計り知れないものがあります。

ウィーンを含めた9つの州、それぞれ個性があり、そしてアルプスが大きく国内に横たわっているという豊かな地形の特徴があります。

氷河から形成された美しい湖やアルプスを流れる非常に水質のいい川、無数の谷が存在し、そこに美しい街が点在しています。

 

ウィーンを流れる川と言えば真っ先にドナウ河を思い浮かべます。

うちは時間がある時には郊外の色々な所に出かけてますが、お気に入りのスポットにひとつであるドナウ川沿いの国立公園Donau-Auen schloss ORTHにまた行って来ました。

 

続きを読む

ここも工事で大変(Rotenturmstraße)

7月、8月は休暇シーズンです。

地元の人の多くが地元を留守にする時です。

しかし、この時期でも世界からはたくさんの方がウィーンを訪れます。

こちらは9月から新年度が始まりますので、休暇シーズンでも年度末になるわけです。

そのためウィーンの街の色々な場所で工事が行われ、言い方を変えれば工事シーズンでもあるわけです。

確かに地元の人が少なくなるので交通量も減る・・・その時期に合わせて工事・・・でも予算を使い切る必要もありますね。

前にウィーン旧市街のNeuer Marktの大工事を話題にしましたが、今日は旧市街の別の場所の大工事をちょっとお届けします。

 

続きを読む

シェーンブルン宮殿の入場チケットを買う自販機について

今年の7月1日よりベルヴェデーレ宮殿も10名以上の場合には予約が必要となりました。

シェーンブルン宮殿はベルヴェデーレ宮殿よりも遥かに多くの観光客が訪れるので、団体ツアーの場合も予約制度となっています。

オーストリア国家公認ガイドであればシェーンブルン宮殿に直接予約を入れることができます。

待ち時間が無いのが快適ですね。

パスなどや事前にシシィチケットなどを購入した方は別として、シェーンブルン宮殿を個人的に観光する場合はInfoセンターでチケットを買うことになります。

ここも時間によっては大混雑することがあり、入場までかなりの待ち時間になることもしょっちゅうです。

Infoセンターには係がいる窓口が5つあり、手前には5台の自動券売機が置かれています。

最近では自動券売機にも行列が見られますが、外まで行列が続いているような時には自動販売機で入場チケットを購入するのが早いかもしれません。

今日はこのシェーンブルン宮殿の入場チケットを買う自販機を紹介します。

 

続きを読む

オーストリア24時間 その4

"ウィーンこぼれ話"ではその時に思いついた色々なことをテーマにしています。

ためになる内容からどうでもいい内容まで様々です。

 

オーストリアはいまでこそ北海道よりもちょっと広いぐらいの小さい国ですが、この国がヨーロッパに与えた歴史的、文化的な影響は計り知れないものがあります。

今日は久しぶりに"オーストリア24時間"です。

このオーストリアにおいて、24時間の間に何がどのくらい起こるのかということをStatistik Austriaを始め、オーストリアの様々な専門分野や政府関係からの統計からまとめています。

 

続きを読む

ヴァッハウ渓谷にまた行った

全長2.800km以上もあるドナウ河はヨーロッパでは2番目に長い川で、ヨーロッパを西から東に流れる唯一の川です。このドナウ河の最も美しい所がヴァッハウ渓谷で、ウィーンから車で75km程走ったクレムスからメルクまでの区間で,世界遺産にも登録されています。

クレムス~メルクまではドナウ河沿いを車で走ると37km程あります。

ヴァッハウ渓谷は私も大好きな所で、仕事でもプライベートでもよく行きます。

仕事の場合はウィーンからのメルク修道院の観光と船下りを楽しむ1日観光のパターンか、私がメルクで皆様とお会して、そのままウィーンまでというケースが多いです。

プライベートで行く場合はWeißenkirchenでハイキングのように観光では行かなくても地元で有名な所に出かけることが多いですね。

ヴァッハウ渓谷には中世からの街が数多く点在し、ぶどう畑との風景がとても綺麗です。ヴァッハウ渓谷の定番の街と言えばデュルンシュタインでしょうか。

今日はデュルンシュタインから2枚の風景をお届します。

 

続きを読む

うちのお気に入りのスポット ヒルシュシュテッテンの花壇庭園

私は時間があると家族とよく自然を楽しみに郊外に出かけますが、ちょっと軽く散策したいな・・・でも遠くに行く時間や気力も無いし・・・なんて時によく出かけるスポットがあります。

そのひとつであるヒルシュシュテッテンの花壇庭園を紹介します。

 

 

続きを読む

ウィーン国際空港 手荷物で免税手続きをする場所

今年の4月からウィーン国際空港での免税手続きが変更となり4ヶ月が経ちました。

ウィーン国際空港での免税手続きはオーストリア税関からの委託を受けてE Validationが行っていますが、免税手続きの流れは以前と変わりません。

以下も御覧下さい。

 

ウィーン国際空港での免税手続きが変更

ウィーン国際空港での免税手続きが変更 2

ウィーン国際空港での免税手続きが変更 3

 

どのくらいここが混雑しているかというのは運なので、すぐに手続きが出来た人もいれば、免税手続きを諦める人もいます。

係も要領を得てきていますから、多少はスムーズになっているとは思いますが、隣国の人が大量に免税書類を持っている人が多くいれば当然時間がかかります。

可能であれば手荷物で手続きすることをお勧めしています。

今日はANA(全日空)やオーストリア航空の直行便で日本に帰る場合の手荷物で手続きする場所についてここに掲載します。

 

続きを読む

オーストリアでのガイド業務は国家資格であり、空港送迎、食事等のアテンドにも許可が必要であることを御存知ですか?

オーストリアの法律では、仕事としてガイドができるのは国家試験をクリアーし、国家資格を持った、オーストリア政府から公認されているライセンスガイドでなければいけません。

続きを読む

カラフルなトイレ

国家公認ガイドとして仕事をしている時は、団体ツアーであろうが、個人のお客様とであろうがトイレの時間を取ることはいつも考慮しています。

次にトイレに行ける場所は~で、あと1時間30分後ですから、行ける時に行かれておいて下さい・・・などとよく御案内しています。

実際、フリータイムの時にトイレに行きたくなった時は、どこに行けばいいでしょうか・・・という質問が観光中にお客様からよくあります。

旧市街であればいくつかの公衆トイレ、カフェ、少人数であればホテルなど可能性がいくつかあります。

 

ウィーンには個性あるトイレが結構あり、こんなトイレがここにあったんだ~ということがよくあります。

このコーナーでも個性的なオペラ座そばの名物トイレえっ!!・・・と思う「名物トイレ」

フンデルトヴァッサーのトイレ庭園内にも知る人ぞ知る公衆トイレちょっと個性的なトイレトイレの扉に子供用の扉、コーナーにあるトイレなどいくつか話題にしています。

今日はちょっとカラフルなトイレをお届けします。

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 275(カンパニュラ)

長い休暇シーズンも半分が過ぎて、8月に入りました。

まだまだ地元では休暇に出かけている方が多く、街中の交通量が平日でも通常より明らかに少ないことがそれを物語っています。

日本から比べればまだまだ日が長く感じるかもしれませんが、夏至からひと月以上も経っているので、その時から比べると日が短くなっていますのでちょっと寂しい気持ちもあります。

 

さて、8月にもなると街中はもうあまり特徴的な花が見られなくなり、より緑が多く見られるようになりますが、ちょっと郊外に行くと今日のこの花は非常に多く咲いています。

 

続きを読む

 

 

ページのトップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム   ガイド料金と業務内容について     オーストリア国家公認ガイド

 


オーストリアの概要     ウィーンお勧め観光コース

 

 

ウィーン観光で役立ちそうな情報           ウィーンの公共交通機関   

 

 

ウィーンの博物館とオープン時間     お問い合わせ     掲示板

 

 

ウィーンこぼれ話(ブログ)       利用規約      リンク集