ウィーン名物料理 「ターフェルシュピッツ」

オーストリアは9つの州があり、それぞれに郷土料理があるわけですが、

ウィーン3大名物料理といえば、Wiener Schnitzel (ヴィーナーシュニッツェル)Zwiebel Rostbraten (ツヴィーベルローストブラーテン)、そしてここで紹介するTafelspitz(ターフェルシュピッツ)でしょうか。

 

Tafelspitzは時の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が好んで食べた料理で、

牛肉の煮込み料理です。

Tafelspitz(牛のおしりと太ももの一番上との間のあたりの肉)をかたまりで何時間も煮込んで、そのやわらかくなった肉をスライスして、リンゴに西洋わさびが入ったソースとSchnittlauchソース(白のクリーム状のソースにチャイブがまざったもの)を肉にかけて食べます。

 

その定番2つのソース以外にほうれん草のペースト状ソースもとても好まれています。

ジャガイモを炒めたものと野菜が添えられるのが一般的です。

 

このTafelspitzを食べるなら、

是非PLACHUTTA (プラフッタ)

をお勧めします。

 

地元でも超有名なレストランで、街中に3店舗(WOLLZEILE,HIETZING,NUSSDORF店)あり、中心のWOLLZEILE 店はたいてい予約なしでは入れないことが多いです。

 

PLACHUTTAはその辺のレストランよりは高いですが、そんなに高級なレストランというわけではありません。Tafelspitzと飲み物で30ユーロぐらいでしょうか。

 

この店はTafelspitzの専門店的なイメージがあり、肉が鍋の中に野菜といっしょに入ってサービスされます。

 

最初にこのスープを飲みますが、このスープが本当においしいんですね。

スープのトッピングを選べますが、私個人的には、この写真のFleischstrudelが好きです。でもこれは日によってない時もあります。

ちなみにスープのトッピングは種類によっては別料金です。

 

そしてスープを飲んだ後、鍋から肉を取り出してお皿に盛ります。

ここの店はたいてい担当のボーイさんがサービスしてくれます。

 

肉はやわらかく、肉自体にはあまり味がついていません。そのためソースとの

相性がピッタリです。

ウィーン料理の中では結構軽めだと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

ここ2年ぐらい前からPLACHUTTAは国立オペラ座のすぐそばで、「Plachuttas GASTHAUS zur OPER」という店をオープンさせました。

 

本家の3店舗とはちょっとコンセプトが違い、ターフェルシュピッツではなく、ウィーンナーシュニッツェルを看板にしています。

 

本家3店舗ではTafelspitzも種類が多くあるのですが、こちらGASTHAUS は2種類のTafelspitzしか選べません。

 

でももちろん、定番なターフェルシュピッツは提供されていますので食べることができます。

 

ここで紹介した3つの写真は全て「Plachuttas GASTHAUS zur OPER」です。

 

ちなみにウィーンは「ウィーン料理」と当たり前のように表現されます。

「オーストリア料理」ともいわれますが、圧倒的に「ウィーン料理」が主流です。

これはハプスブルグ帝国時代は様々な民族から成り立っていた・・・それぞれの地域の郷土料理がウィーンにもたらされて、ウィーン流にアレンジされていった・・・だから「ウィーン料理」なんです。

 

世界の色々な街を見ても、街の名前がついている「・・・料理」となっている所はあまりありません。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村