<重要>本日よりウィーン国際空港での免税手続きが変更となります

さて今日から4月となり、春の空気が気持ちいいウィーンです。

今年は花がかなり早く咲き始め、もう場所によってはモクレンも散り始めているぐらいです。

 

今日はウィーン国際空港での免税手続きが変更になった御案内です。

いくつか変更になっているので以下まとめておきます。

 

1.今までの税関がなくなり、"E Validation"が免税手続きの代行業務を行います

2.免税対象は1枚のレシートの合計が75.01ユーロ以上

3.コンピューターで免税書類を作成する場合はパスポート番号が必要

1.

ターミナル3、ターミナル1にあった税関がなくなり、E Validation(オーストリアの会社)が税関の代行業務を行います。

手続きの方法は以前と同じですが、チェックイン前に行うことになりました。

(以前はチェックインをした後でした)

 

EValidationの場所は・・・

ターミナル3の場合はチェックインカウンターと同じ階にありますが、チェックインカウンターの反対側、つまりターミナルの入口側にあり、Brezel Meisterという店の隣にあります。

中には8つのカウンターがあります。

 

ターミナル1の場合は、以前の税関の向かい側(バーガーキングの前)にあり、4つのカウンターがあります。

 

 

2.

今まではレシートが何枚あっても合算することができましたが、これからは1枚のレシートの合計金額が75.01ユーロ以上となりました。

1枚のレシートであれば商品がいくつあっても構いませんし、ひとつの商品が75.01ユーロを超えなくてもいいです。

 

 

3.

手書きの免税書類の場合はパスポート番号は現時点では要らないようですが、今後これは無くなって来ると思われます。

 

 


免税手続きの流れは変更されておりません。

また何か新しいことがあれば情報を更新致します。

 

2019年4月9日追記もお読みください。

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村