自転車文化

サイクリングでリラックス

ヨーロッパは自転車文化も忘れてはなりません。ウィーンの街でも自転車に乗っている人をたくさん見かけます。

選手のように装備した人、サラリーマン、地元の家族連れや観光客の皆さんまで様々なカラーが見られます。

ウィーンを歩けばわかりますが、リンク道路の歩道部分や街中の主要な道路には必ず自転車専用ゾーンが設けられていて、歩行者と区別されています。時としてかなりのスピードで自転車が走り抜けていくので、それなりに注意が必要です。私も毎回のようにそのことをお客様に御案内しています。地元人だけでなく観光の皆さんでも手軽に利用できるCITYBIKEは有名ですね。

ウィーンの街中を天気がいい時は自転車で走っても気持ちいいですが、ウィーンを始めオーストリアには魅力的なサイクリングコースが数多くあります。

私も天気がいい時には仕事が終わった後などよく自転車に乗ってリラックスすることが多いです。私が子供とよく走るのはEuro Velo(ユーロヴェロ)というヨーロッパ自転車連盟が推奨しているサイクリングコースでオーストリアにも全14コースのうち6,7,9,13の4本が通っていて、Euro Vero 9をよく走っています。

以前気持ちのいいサイクリングコースで少し紹介しています。

時として、このEuro Vero 9から少し外れた所のマルヒフェルト運河もよく自転車で走ります。ここは舗装されてはいませんが、川の両脇を気持ちよく走ることができます。さらにそこからウィーンの郊外の方へと抜けて行くことができます。すると・・・

 



 

このようにとてもウィーンとは思えないのどかな風景が広がっています。回りは畑で、360℃の広い視界、奥にウィーンの森なども見えてとても快適に走れます。写真には写っていませんが、普通に散歩している人ももちろん多く、また乗馬をしている人にも出会います。

ウィーンの中心部は帝国の都という荘厳な建造物が多く建ち並ぶヨーロッパでは大都会的ですが、郊外には全く想像もつかないこにのような自然豊かな場所が多くあります。

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村

Euro Velo(ユーロ  ヴェロ)

先日Stammersdorfからの気持ちのいいサイクリングコースを紹介しましたが、その時に

"Euro Velo"(ユーロヴェロ)に一瞬触れました。

 

このEuro Veloについて少し書きたいと思います。

 


Euro Veloは1983年に当初12か国で設立され、現在では38ヵ国が加盟しているECF(European Cyclists' Federation・・・ヨーロッパ自転車連盟)が推奨している

ヨーロッパ自転車道路網です。

 

ヨーロッパを縦断する14コースがあり、まだ全部完成していません。

現時点で総距離約45.500kmで、2020年までには70.000kmになるということです。

 

上の写真はサイクリングコースに見られる案内板で、EUマークが見られますね。

これがEuro Veloです。この場所はEuro Velo 9のコースであることがわかり、周辺までの

距離が書かれています。Euro Velo 9はBaltic-Adriaticという名称で、

全長1.930kmです。

 

このオーストリアではEuro Velo 6,7,9,13のコースが通っています。

 

Euro Veloとして認定されるには全体の80%が舗装されていること、傾斜6%以内、

2台以上の自転車が並走できる幅であることなどの規定があります。

 

Euro Veloは長距離コースですが、地元ではもちろんその区間だけというように短距離で

多く利用されています。

 

ここは先日紹介した気持ちのいいサイクリングコースの一角です。

 

 



御興味がある方は以下資料を参照して下さい。


ダウンロード
Euro Velo-Map.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 19.1 MB
にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村

気持ちのいいサイクリングコース

このコーナーでは自転車にも結構触れていますが、生活をしていると自転車に乗っている人が多く、街中の道路を見ていても自転車専用ゾーンがたくさんあります。

リンク道路などでは歩行者専用ゾーンの隣に自転車専用ゾーンがあり、かなりのスピードで自転車が走り抜けることがよくあります。

また歩行者が信号待ちをしている時に、自転車ゾーンで待っている観光の皆さんが結構多く、自転車専用ゾーンをブロックしている光景をよく見かけます。

1990年代のウィーン市内では190kmの自転車ゾーンがありましたが、2014年7月には

1.259kmの長さになっています。

 

街中以外にも快適なサイクリングコースがいくつもあるわけですが、2013年8月30日付で

ヘレーネン渓谷のサイクリングコースを紹介しましたが、今回は全く反対側のコースです。

 


 

このサイクリングコースは、NiederösterreichのReintalからウィーンの有名なホイリゲ街があるStammersdorfまでのWeinviertelを通る全長約84kmのとても知られている

コースです。


このコースは"Euro Velo"(ユーロヴェロ)にもなっています。

Euro Veloについてはまた後日紹介します。


街中を自転車で走ってもそれなりに楽しいですが、こういった数十キロ単位で走れる郊外の方が自転車走行がより楽しく快適です。


Bisambergや近くのブドウ畑を眺めながらの美しいコースで、前述したヘレーネンタールのサイクリングコースのような森の中ではなく、視界がいつも広がっていて、遠くへの

見通しがよく、自然の大地にいることが実感できるとても気持ちのいいコースです。

 


 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村

 

 

"どんな自転車が多いか" の統計

ウィーンの街中を歩いていると、多くの人が自転車で走っているのを見かけます。

リンク道路を始め、街中の道路には自転車ゾーンが多く用意されていますし、

シティーバイク電動自転車シェアリングなども充実しています。

 

さて、ここ最近かなりシェアを占めてきた電動自転車が去年もかなり売り上げを伸ばして

います。

 

今日は去年の2013年、どんなタイプの自転車どれだけ売れたかというデータを2012年と

比較して紹介します。

 


                           ※22.09 (Mo.) のHeute より


自転車のタイプ
 2012年 2013年
マウンテンバイク
34.5% 38.2%
トレッキング
17.0%
16.7%
子供用(16歳ぐらいまで)
13.8%
10.4%
オフロード
13.7%
13.2%
街中用
6.0%
5.0%
レース用
4.0%
4.2%
電動自転車
10.0%
11.3%

 

電動自転車がここ最近でかなり普及していて、実際街中でも電動自転車に乗ってる人を多く見かけます。


比率的にはマウンテンバイクが一番人気で、2位のトレッキングバイクと合わせて約55%と半数以上を占めています。


ウィーンやウィーン近郊、オーストリアにはよく整備されたサイクリングコースがたくさんあり、ウィーンの街中を始め、ドナウ川沿いやウィーンの森の山道などでは

地元の方がたくさん走っています。




にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村

ウィーンの森の 「自転車禁止」 標識

この夏の時期は自転車で走っている人を本当に多く見かけます。

 

以前「ウィーンの自転車文化」でも書きましたが、こちらは自転車も生活に密着し、

CITYBIKE」という、どなたでも利用できるレンタサイクルも街中至る所に見ることができ、気軽に利用できます。

自転車専用道路がよく整備されています。

 

街中だけではなく、郊外にも多くのRadweg(自転車道路)があり、ウィーンからもウィーンの森などに入って行くサイクリングコースもあります。こちらの写真は以前も紹介したウィーンの森ヘレーネ渓谷のサイクリングコースの表示です。

 

 

そんな自転車文化が禁止になっている場所もあります。

 

この写真の場所はウィーンの森

一角のハイキングコースですが、ここに"自転車禁止" 標識を見ることができます。

 

実はこのコースは道幅が狭い所もあり、川に沿って比較的高い場所にもコースがあるからです。

 

 

このような自然の中のハイキングコースで自転車禁止の標識はあまりないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村

nextbike (広範囲のレンタサイクル)

去年2013年6月17日に「ウィーンの自転車文化」、

6月20日に「ウィーン シティバイク」、

7月11日に「ウィーンの電動自転車シェアリング」などを紹介しましたが、

これらはとても便利ですが、基本的にウィーン市内での利用が目的です。

 

しかし、今日テーマである「nextbike」はそれとは比較にならない広範囲の

自転車シェアリングで、オーストリアだけでなくヨーロッパのかなりの街に置かれて

います。

 

nextbikeは全くの同名で、2004年ドイツのライプツィヒで設立されました。

現在ではドイツだけでなく、オーストリア、スイス、ポーランド、ラトヴィア、キプロス、ブルガリア、ニュージーランド等9ヵ国で運営されています。

 

コンセプトとして、環境にやさしいこと、移動を多くしなければいけない社会人、

ホテル宿泊客へのサービス、広告等です。

 

http://www.nextbike.de/

 

ちなみにここオーストリアではBurgenland州のノイ・ジィードラー湖周辺から始まり、徐々に範囲を広くし、現在ではウィーンのStammersdorf、Hütteldorf、Lieseing,

そしてNiederösterreichの広範囲で利用することができます。

 

この写真はウィーンの有名な

ホイリゲ街Stammersdorfのnextbikeステーションです。

 

ウィーンではこのStammersdorfの他に、Strebersdorf,Hütteldorf,

Liesingと、ウィーンの森や郊外に

通じる場所に設置されています。

 

利用するためには、インターネット上から登録します。名前、住所、

電話番号,Eメールアドレスが必要で、銀行振り込みかクレジットカード決済で、1回限りの1ユーロの登録料が

かかります。

 

料金は1時間1ユーロ、

24時間8ユーロです。

 

 

地域Mödling, Wr. Neustadt,St. Pölten, Neunkirchen、

südlich (Leopoldsdorf, Hennersdorf, Maria Lanzendorf) 、

nördlich von Wien (Region 10 vor Wien) 内は最初の30分は無料です。

 

オーストリア国鉄カードや、Niederösterreich カードを持っていると使用料が

割引されます。

 

ウィーンの森の景勝地にの例えばBaden,Mödling,Hinterbrühl,Klosterneuburgなどにもステーションがありますので、時間があって事前に調べておけば、天気のいい時などはウィーンの森をこのnextbikeで走ることができるわけです。

 

返す場所は借りた場所でなくてもよく、決められたnextbikeステーションに返します。

 

借りている時に、修道院、博物館等を見学する場合は、nextbikeを駐輪しますので、その時に盗難防止のための鍵を用意していれば安心して駐輪できます。

 

以下オーストリアのnextbikeサイトで、ここで登録からステーションまで確認することができます。

https://www.nextbike.at/ (ドイツ語と英語)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村

やっぱり自転車文化

去年2013年6月17日に「ウィーンの自転車文化」、

6月20日に「ウィーン シティバイク」、

7月11日に「ウィーンの電動自転車シェアリング」などと

このコーナーで自転車を話題にしています。

 

ウィーンの街では、冬は少ないですが、自転車で走る人がたくさんいます。

 

リンク道路もちゃんと自転車ゾーンが区別されています。

 

こちらの新聞に、どのくらい自転車で走る人がいたかの統計が載っていました。

 

これは2012年と去年2013年の統計です。

 

 

                           ※ÖSTERREICH より

月     2012年 2013年
1月 58.735     44.499  
2月 42.190 46.576
3月 176.955 90.644
4月 204.635 254.617
5月 308.736 288.511
6月 330.271 311.768
7月 315.668 438.216
8月 365.305 343.061
9月 278.138 243.841
10月 189.166 208.204
11月 120.894 133.994
12月15日まで  34.392 48.266

 

 

やはり夏が一番多く自転車を使っていますね。

 

でも、冬でも自転車で移動する人はかなりいることがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村

ヘレーネ渓谷のサイクリングコース

2013年6月17日にこのコーナーで自転車文化について少し書きました。

 

自転車も生活に密着し、ハイキングと同様、

余暇に楽しまれています。

国内にはハイキングコースと同様に様々な

自転車コースがあるわけですがその中で

ウィーンの森にあるHelenentalradweg

(ヘレーネ渓谷サイクリングコース)は

地元で有名なサイクリングコースの

ひとつとなっています。

 

その名のHelenentalはウィーンの南の森で、地元でも観光でも非常に有名な場所です。

ただ、通常の観光ではウィーンの南の森の見所

リヒテンシュタイン城ゼーグロッテ

ハイリゲンクロイツ修道院

ヘルドリッヒスミューレ、マイヤーリンクバーデン等が一般的)を見学し、このHelenentalを経由してBadenに抜ける時、その逆でBadenからマイヤーリンクに入る時、またはマイヤーリンクからAlland経由でウィーンへ戻る時、もしくはその逆ルートの時にHelenental を通るのが一般的です。

 

そのHelenentalはシュベヒャート川が流れ、その川に沿って有名なベートーヴェンの散歩道があり、それはハイキングコースとしても人気があります。

そのベートーヴェンの散歩道の川を挟んで反対側にHelenentalradwegが通っています。

 

ウィーンから始まる全長93.9kmあるサイクリングコースThermenradwegが通るBadenから始まり、Helenentalを通り、

Allandの中央広場までの21.2kmの

行程です。

 

道もアスファルトとちょっとした

砂利道でとてもよく整備されており、

また案内表示もとても

分かり易くなっています。

 

 

また途中にはそれなりの見所や休憩できるスポットいくつかあります。

 

オーストリアにはハイキングコースと同様、この様なサイクリングコースもたくさんありますが、このHelenentalradwegはオーストリアで最も素晴らしいコースのひとつとも

地元では言われています。

 

ちなみにこのコースのAlland のすぐそばにはマイヤーリンクがあり、

そこは歴史的に有名なオーストリアのルドルフ皇太子が1889年「悲劇のマイヤーリンク」と言われているピストル心中自殺を遂げた有名な場所があります。

 

しかしここに来るたびに思いますがそんな悲劇が起きたとは思えない美しく、

のんびりした場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

もしこの内容がよかったら、是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村

ウィーンの電動自転車シェアリング

ウィーンの街はシティバイクCAR2GO といったシェアリングを

積極的に取り入れています。

 

最近右の写真に見られる

シェアリング電動自転車スタンド

を見ました。

これはまだテスト段階で、テストユーザーだけが使えるものです。

 

eMorail と呼ばれている

ÖBB(オーストリア国鉄)とその他10以上の地元企業とのプロジェクトで、鉄道、カーシェアリング、電動自転車シェアリングを組み合わせたものです。

このタイプの電動自転車は、250W,最長走行距離70km,

100%充電するまで7時間かかります。

 

ウィーンでは、Meidling とBusiness Park Vienna の2箇所に設置されています。

http://www.emorail.at

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

もしこの内容がよかったら、是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村

ウィーン シティバイク (CITYBIKE)

シティバイクターミナル

ウィーンの街には何年も前から誰でも借りられる自転車「CITYBIKE WIEN」があります。

当初は登録もなくタダで誰でも乗れました。

しかし家に乗って帰る人や、ウィーンの自転車が何とベネチアにも出没したり、国境を越えて持って行く人がいたため、改良が重ねられ現在は登録制になってこれが定着しています。

 

登録は最初の一回だけで、ターミナルでもインターネットからでも行え、Citybike card,オーストリアの銀行カード(バンコマートカード)、クレジットカードのどれかひとつが必要です。

 

 

 

 

 

 

オペラ座前ターミナル

ウィーンには現在111ヵ所のCitybike ターミナルがあります。(2016年7月現在では121ヵ所)

 

既に登録済みの上記の3つのカードのどれかをターミナルのカード差込口で認識させて、自転車番号とパスワードを入力して借りられます。

 

最初の登録料で一回だけ €1.- かかりますが、その後は以下の料金です。

1時間まで 無料
1~2時間まで 1ユーロ
2~3時間まで 2ユーロ
3~4時間まで 4ユーロ
それ以降最長120時間まで 1時間につき4ユーロ
鍵をせずに返却した場合 20ユーロ
120時間を超えて返却した場合
600ユーロ

 

かごもついてますし、非常に手軽で便利で、とても使い易いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村

ウィーンの自転車文化

ヨーロッパは自転車文化がとても根付いています。

ウィーンも陽気が暖かければ、自転車に乗っている人をとても多く見ます。

またこちらでは朝夕のラッシュ時を除いていくつかの規則を守れば地下鉄に自転車を持ち込んでもいいんですね。

 

ウィーン市内には自転車用の道が至る所にあります。自転車専用道路というのは中心には少ないですが、自転車専用ゾーンが多く作られています。

 

ウィーンの自転車ゾーン

この写真はリンク道路沿いで、歩行者ゾーンと自転車ゾーンがハッキリ分かれていますね。

かなり速く自転車も走ってきますので歩行者として歩く時にはそれなりに注意をする必要があります。

 

ウィーンは当初レクレーションとして自転車が普及しました。

1878年には「ウィーン自転車クラブ」というものが作られています。

 

当時の自転車は、前輪がかなり大きくて後輪が小さいという、

今見るとレトロなタイプの自転車でした。それは石畳が多い街なので、その方が走り易かったとされています。

 

自転車で郊外に出かける人も多いですし、散歩代わりにドナウ河沿いを走ったり、ウィーンの森界隈を走る人を多く見かけます。

 

またスポーツショップの自転車コーナーには小さい子供から趣味、専門的な分野まで幅広く関係商品が売られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村

 

 

ページのトップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム   ガイド料金と業務内容について     オーストリア国家公認ガイド

 


オーストリアの概要     ウィーンお勧め観光コース

 

 

ウィーン観光で役立ちそうな情報           ウィーンの公共交通機関   

 

 

ウィーンの博物館とオープン時間     お問い合わせ     掲示板

 

 

ウィーンこぼれ話(ブログ)      現地催行お勧めツアー My bus                                            

 

利用規約      リンク集