ヨーロッパ最大の地底湖「ゼーグロッテ」

ウィーン中心から車で22km南へ走ると、Hinterbrühl(ヒンターブリュール)というウィーンの南の森の街があります。

 

Hinterbrühlは、シューベルトが「菩提樹」の発想を得たというゆかりのレストラン「Höldrichsmühle」(ヘルドリッヒスミューレ)もあります。

 

そこから2.5kmしか離れていない所に、6.2km²もある「Seegrotte」(ゼーグロッテ)というヨーロッパ最大の地底湖があります。

 

 

Seeというのはドイツ語の男性名詞で使った場合は「湖」という意味で、Grotteは「洞穴」と

いうような意味です。

 

つまり洞穴の中にある湖・・・みたいな意味です。

 

ここは1848年にオープンした元々は石膏鉱山でした。

 

当時のこの土地の所有者は、

ここに泉を作ろうと、

地下に向けて掘り始めたら

地下にはたくさんの石膏がありました。

 

忙しい時には約80人程の工夫さんが、けたたましく走るトロッコと仕事をしていました。

 

ここで採掘された石膏は肥料などとして売られていたそうです。

 

 

 

1912年に水脈を掘り当て、

2000万リットルという大量の水が

入り込んで来ました。

 

その後色々と努力をしましたが、

結局閉山されました。

 

その後1932年にここを観光用として使おう・・・ということになり、足場を整備し、配電設備行われと

・・・観光用としてスタート

しました。

 

 

その後、第2次世界大戦の末期、

ナチス軍がここを発見し、何とジェットエンジンを搭載した飛行機の製造工場になりました。

 

ナチス軍は、1944年5月~1945年3月までここで飛行機の製造を

していました。

 

驚くことに彼らは、排水ポンプを

設置し、水を外に抜き出しながら

仕事をしていたのです。

 

その後整備され、1948年から現在に至っています。

 

ウィーンの森と地底湖というのは結びつきがないですが、ここはとても神秘的で、

鏡のような水面を見ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村