カテゴリ:アーチの奥



2020/08/06
ヨーロッパの建築には多くのアーチが登場します。 アーチはメソポタミア、古代エジプト、ギリシャなどの文明ですでに登場していますが、地上ではなく排水路のような地下に限定されていましたが、ローマ人はそれを洗練させて地上の建造物に利用していきます。 凱旋門などはいい例です。 ウィーンの街をちょっと歩くだけでも色々な所にアーチが見られます。...

2020/05/06
ウィーンはかつての帝国の都・・・ヨーロッパで一番長く続いたハプスブルグ王朝の居城であり、同時に歴代神聖ローマ帝国の皇帝の居城として永らく栄えてきました。 街を歩くだけでヨーロッパ文化を肌で感じられ、様々な建築様式の建物に出会えます。 ウィーンは優雅な街です。...

2020/01/28
今日は久しぶりにアーチの奥に見える風景シリーズです。 前回のアーチの奥に見える風景24ではベルヴェデーレ宮殿を話題にしました。 今回はある宮殿2つです。

2019/08/23
不定期に気分次第でここに掲載しているアーチの奥に見える風景シリーズです。 アーチ構造は非常に古く、紀元前5000年頃古代メソポタミアから、そして古代ローマ、ヨーロッパ中世のロマネスク、ゴシック、近世のルネッサンス、バロック、以降色々な時代に登場してきます。 ウィーンの街も歩けば建物に色々なアーチが使われていることがわかります。...

2019/02/03
ヨーロッパの建造物の多くにアーチ構造が見られます。 アーチ構造は非常に古く、紀元前5000年頃古代メソポタミアから、そして古代ローマ、ヨーロッパ中世のロマネスク、ゴシック、近世のルネッサンス、バロック、以降色々な時代に登場してきます。 ウィーンの街も歩けば建物に色々なアーチが使われていることがわかります。...

2018/09/09
ヨーロッパには至る所にアーチを組み込んだ建物やアーチ構造のアーケード、廊下のアーチ構造が見られます。 ヨーロッパの建築様式と調和して、美しい景観を生み出しています。 この"アーチの奥に見える風景"では、そんなアーチの前に立った時に、そのアーチ自身の形とそのアーチを通して見える奥の風景をテーマにしています。...

2018/05/17
前回からまたかなり時間が経ってしましましたが、今日のテーマもこのコーナーではすっかりお馴染みになりました。 ヨーロッパにはアーチを組み込んだ建造物が多く見られますが、ウィーンにも多くのアーチを見ることができます。...

2018/03/04
ヨーロッパは歴史を感じる様々な建築様式を見ることができます。 ウィーンの街も荘厳な建造物が多く建ち並んでいて、街が美しく見える演出をしてくれます。 ヨーロッパの建築様式にはアーチを伴うことが多く、教会や建物のアーケード、窓などにアーチ構造を見ることができます。...

2018/01/22
今日は久しぶりにアーチの奥に見える風景です。 このタイトルもすっかりお馴染みになりました。 オーストリアにはアーチ構造を持つ建造物ががたくさん見られ、そのアーチの奥に見えるアーチ越しに見える風景は中々情緒があります。 前回のアーチの奥に見える風景18では、ウィーンリンク道路沿いの国会議事堂とヴァッハウ渓谷のSpitzの一角を話題にしました。...

2017/06/05
ウィーンの街はかつての帝国の都でしたので荘厳で美しい建造物がたくさん立ち並んでいます。 そのような建物の多くにはヨーロッパの色々な建築様式を見ることができますから街も華やかに見えます。 外観にも内部にも美しいアーチ構造を持つ建物が多く、そのようなアーチ構造は独特の美しさがあります。...

さらに表示する