ブログカテゴリ:ちょっと珍しいアングル



2019/06/22
ウィーンは毎日晴天です。 でも一昨日の夜に一時的に雷を伴った強い雨が降りました。 この時期の"Gewitter"と呼ばれるよくある天気です。 休暇シーズンがすぐそこまで来ているウィーンは開放的で、街中を歩くだけでその空気を感じます。 さて、前回のウィーンのちょっと珍しいアングル68ではモダンな建物とシュタインホーフ教会を取り上げました。...

2019/05/21
今年の5月初旬から16日の午前中まで、過去28年間で最も寒いこの時期ということでした。 青空が少なく、曇りや雨の日が多く続きました。 その後青空が出る日も多くなり、気温も日中は20℃前後と、それまでと比べると暖かくなりましたが、5月らしい陽気を感じられる日が少ないですね。 さて、今日はウィーンのちょっと珍しいアングルシリーズです。...

2019/04/24
Ostern(復活祭)が終わり、今日から学校がまた始まりました。 先週15日からはOsterferien...復活祭のお休みだったので、この休暇を利用してたくさんの地元の人がどこかへ出かけました。 さて、今日はウィーンのちょっと珍しいアングルシリーズです。...

2019/03/21
先週の日曜日は日中の気温が20℃ぐらいと暖かい1日でしたが、月曜日から10℃に満たない肌寒く感じる日が続いていますが、今日は少し暖かくなりそうです。 さて、前回のウィーンのちょっと珍しいアングル65では、国立オペラ座と接触事故をお届けしましたが、今回は高い所から見たウィーン中心部と路面電車関係です。

2019/02/22
今日はウィーンのちょっと珍しいアングルシリーズです。 このテーマは基本的に月に1回掲載するようにしています。 前回のウィーンのちょっと珍しいアングル64では、国立オペラ座界隈を話題にしました。 今回もウィーン旧市街界隈からです。

2019/01/21
ここ数日朝が冷え込んでいます。 私が住んでいる所では、ウィーン市でも朝マイナス6℃~マイナス4℃ぐらいになっています。 さて、前回のウィーンのちょっと珍しいアングル63では、ブルゲンラント州から話題にしましたが、今回はウィーン中心部です。

2018/12/28
このコーナーもすっかりお馴染みになりました。 普段の視線で見えている時とは違う角度から見た光景などを話題にしています。 前回のウィーンのちょっと珍しいアングル62では、Neusiedler See(ノイジードラーゼー)とウィーン中心部のドナウ運河を話題にしましたが、今回もNeusiedler See界隈からです。

2018/11/21
前回のウィーンのちょっと珍しいアングル61では、レッカー移動のまさにその時とメルクのメイン通りを話題にしました。 今日はウィーンと郊外からです。

2018/10/21
ウィーンは日中23℃ぐらいの暖かく青空が広がる日がずっと続いていましたが、数日前から日中に気温が20℃を下回り、午後にかけて雲が多く出て来るようになりました。 また雨が降らず、大地がかなり乾燥しています。 さて、前回のウィーンのちょっと珍しいアングル60では王宮とシュテファン大聖堂を話題にしましたが、今回は街中に1シーンとメルクからです。

2018/09/21
日中は25℃前後とまだまだ半袖で過ごせる陽気で、今日は30℃近くになるという予報です。 青空のいい天気がずっと続いているウィーンですが、明日からは気温が20℃を下回るようで、夏のような暑さとはお別れで、秋らしくなっていくでしょう。 週間予報を見る限りでは、天気は良さそうです。...

さらに表示する