Tiefer Grabenにあるベートーヴェンの住居

ウィーンの旧市街地で一番美しい歩行者天国と言えばGraben (グラーベン)でしょうか。

ここは300m程の長さの広場のような通りで、ローマ時代には"堀"だった所でシュテファン大聖堂のすぐそばから延びています、

同じGrabenでも今日テーマにするGrabenは全く別の場所にあるTiefer Grabenという通りで,ここにはあまり気付かれることがないベートーヴェンの住居があります。

 

Tiefer GrabenにはHohe Brücke (ホーエ・ブリュッケ)という有名な橋が掛けられています。

右に見られる写真はその橋の上からTiefer Grabenを眺めています。

街中にもかかわらず橋があることがおもしろいです。

もともとここにはOttakringer Bachという名の川が流れていました。

Tiefer Grabenですから"深い堀"と直訳していいと思います。

このTiefer Grabenには作曲家のモーツァルトやベートーヴェンが住んだことでも知られていますが、今日はベートーヴェンの住居に少し触れます。

 

 

Tiefer Grabenの8-10番地の建物の2階の所に左の写真に見られるようにベートーヴェンが1815年~1817年に住んでいたことがモザイクで記されています。

その右にはベートーヴェンが作曲した曲の作品番号も記されています。

それぞれの作品と作曲年代を以下の通りです。

 

Op.98 歌曲集「はるかな恋人に寄す」(1816年)、

Op.101 ピアノソナタ第28番 (1816年)

Op.102 チェロソナタ4番、5番(1817年)

Op.106  ピアノソナタ第29番

  「ハンマークラヴィーア」(1817年~1819年)

Op.137  弦楽五重奏曲 フーガ(1817年)

 

しかし・・・

このベートーヴェンの記念銘板はちょっと信用できないかもしれません。

ベートーヴェン自身が1800年3月26日付の新聞にブルク劇場での彼が主催する演奏会の広告を出し、ロジェ席と予約席のチケットはTiefer Graben 241番地の3階(日本だと4階)でベートーヴェン氏から入手と書かれています。

実際にベートーヴェンがいつここに入居して、いつ出て行ったかははっきりしていません。

前述した新聞が正しければ、ベートーヴェンは1800年頃にはここに住んでいたことになるので、そうなるとこの作品年代とは全く違うことになります。

 

 

ベートーヴェンに関することはここでは結構取り上げています。

 

ハイリゲンシュタットの遺書の家ベートーヴェンのデスマスク第9交響曲の家

第9交響曲の家 2第9交響曲の家 3交響曲第6番田園の小川ベートーヴェンの記念像

ヘレーネ渓谷のベートーヴェンの跡ウィーン21区のベートーヴェンの滞在場所

ベートーヴェンの最後の住居中央墓地ウィーンのベートーヴェンの散歩道にあるベートーヴェン像なども参照して下さい。

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村