ブログカテゴリ:2017年7月



2017/07/31
ヨーロッパ文化はキリスト教なくしては語れません。約2.000年の歴史を持つキリスト教文化が絵画、建築、音楽など様々な分野に影響を与えました。ヨーロッパの文化に触れるということはキリスト教文化に触れるようなものですね。ウィーンの街はそのキリスト教文化と同じ少なくとも2.000年の歴史を持ち、そのウィーンの街がヨーロッパで一番長く続いたハプスブルグ王朝の居城であり、そしてそのハプスブルグ家のもとに歴代神聖ローマ帝国の皇帝やローマ王の称号が長くに渡ってあったわけですから、他のヨーロッパの街とは根本的に歴史的な立場が違っていたわけです。 ヨーロッパ文化に触れる手っ取り早い方法は"ウィーンの街を歩く"だけで十分それを感じることができますよ。 その中で街中にたくさんある教会にも是非足を踏み入れてみましょう。外の街並みとは全く違う、敬虔で神聖な空気が素晴らしい建造物に漂います。 そんな教会の中でパイプオルガンの音が聞けたらどんなにいいだろう・・・と思われる方は多いです。 観光中にもどこかでパイプオルガンを聞ける教会はありますか、という質問を年間を通してよく受けます。 夜にも多くの教会で演奏会が行われていますが、団体ツアーの場合は夕食やワルツコンサートなど別の予定がはいている場合が多いです。 そんな時に今日ご紹介するペータース教会のオルガンコンサートはお勧めです。

2017/07/30
"路面電車貸し切り"のテーマも知らない間に7回目を迎えました。 ウィーンはたくさんの路面電車が走っていて、ウィーン市民の重要な足となって大活躍しています。 観光中にもこの路面電車に乗ることがよくあります。 特にリンク道路の周りを走っている路面電車は観光客にも絶大な人気があり、何と言っても情緒があります。...

2017/07/29
昨日はこのAmethyst Welt Maissauには世界最大のアメジストが埋まった岩の壁が見られことについて書きました。それが見られるAmethyst-Schaustollenを出て来ると前方には"Edelsteinhaus"が立っています。 "Edelstein"(エーデルシュタイン)は宝石という意味ですから宝石の家というような意味になります。

2017/07/28
地元の方がそれぞれ休暇を楽しんでいる7月~8月です。 こちらは9月から新年度が始まり、学校もFerien(フェーリエン)という日本で言うおおきな夏休みです。ウィーンの街は地元人が少なくなるのとは逆に多くの観光客が訪れていて、この休暇シーズンの空気が感じられます。...

2017/07/27
ウィーンは荘厳な建造物が多く建ち並んでいて、上品で優雅な街並みです。 中心部をぶらぶらあるくだけでも十分楽しいです。 建物の中にはただ歩いているだけではまず見ることができない中庭空間が存在しています。 そこには外とは全く違く違う空気を感じることができます。 さて、前回の知られざる美しい中庭風景45ではハイドン博物館を登場させました。...

2017/07/26
ウィーンに個人旅行で訪れる方はおそらく"ホイリゲ"にも行ってみようかな・・・とかなりの方が思われると思います。ウィーン郊外やオーストリアのぶどう畑がある所では必ず"ホイリゲ"と地元で言われるワイン屋さんが多くあります。日本ではよく"居酒屋"と訳されていることがありますが、日本語の居酒屋とは全く違い、居心地よく雰囲気のいいヨーロッパ農家風のつくりで、たいてい美しい中庭もあり、また場所によってはぶどう畑の中にテーブルが置かれている所も多くあり、ワインを中心にレストラン的に営業しています。このホイリゲもウィーンのひとつの文化と言ってもいいでしょう。ウィーンでホイリゲと言えば多くの方はGrinzing(グリンツィング)に行くのではないでしょうか。Grinzingはウィーンの中心から一番行き易いホイリゲ街でウィーンの北の森の入口辺りで、そのすぐ上にはウィーンのぶどう畑があります。この辺りはハイリゲンシュタットの遺書で有名なベートーヴェン遺書の家やベートーヴェンの散歩道などが近くにあるので、それと組み合わせてここに寄って行くというパターンがよく見られます。先日、ベートーヴェンの遺書の家を御案内し、その後ちょっと腰を下ろそう・・・ということになり、このすぐそばにあるホイリゲでぶどうジュースを飲みました。

2017/07/25
今年の夏はすでに30℃を超えた日が24日もあるウィーンですが、昨日は雨も降り、ちょっと涼しい1日でした。 こちらは太陽の下にいると日差しが強いので気温が20℃そこそこでもかなり暑く感じますが、逆に日陰の中に入ると湿気が少ないので涼しく感じます。 天気がいい日の朝夕は本当に気持ちがいいですね。...

2017/07/24
オーストリアはアルプス山脈を大きく持っている国で、郊外には美しい自然が広がっています。 ガイドブックには載っていない、でも地元でよく知られた所がたくさんあります。 例えばNaturpark(自然公園)などもその中に入ります。 オーストリアには自然が形成した歴史ある場所が"Naturpark" (自然公園)として管理されていて、国内に48箇所のNaturparkがあり、VNÖ (Verband...

2017/07/23
ここ数年団体ツアーの皆様とのウィーン市内観光ではベルヴェデーレ宮殿に入場することが多くなりました。...

2017/07/22
7月~8月は休暇シーズンで地元の人が多くウィーンを離れています。 この時期のウィーン中心部の雰囲気は世界から多くの観光客が来てくれるので、いつもと比べると逆に地元のカラーが少なくなっているように感じます。 私も日本からのお客様を御案内していますから観光しているわけですが。 夏の時期のウィーンも開放的でいいですね。...

さらに表示する