ブログカテゴリ:街中で見過ごしそうな物



2019/03/08
ウィーンのカールス教会はヨーロッパで重要なバロック建築であり、国立オペラ座に近いにもかかわらず、団体ツアーなどではなぜかほとんど訪れることがありません。 ここは修復に利用されたエレベーターが現在では観光用として人気を呼んでいます。...

2019/02/08
自転車もヨーロッパ文化のひとつでしょう。 Euro Vero(ユーロヴェロ)というヨーロッパ縦断のサイクリングコースを見てもわかります。 ウィーンの街も多くの人が自転車で走っています。 ウィーンはリンク道路沿いを始め、郊外まで自転車専用ゾーンが多く設けられています。...

2018/12/27
カレンダーではクリスマスは終わりましたが、クリスマスツリー🎄は1月6日まで飾っておく習慣があります。 クリスマスツリーも一緒に年を越すわけですね。 1月6日はまたここで話題にしますが聖三王の日で、イエスキリストが生まれたことと関連があるためクリスマスの習慣があるわけです。...

2018/10/03
ウィーンやオーストリアの郊外にはユニークでクリエイティブな発想を感じられる物がよくあります。その物の本来の使い方を常識的に考えるため、あっ、こういう使用法もあるのか・・・とその場で初めて気づかされるわけですね。 先日、公園に置かれているグランドピアノを話題にしましたがそれもその一例です。...

2018/09/19
今年はサッカーのワールドカップがロシアで開催されましたね。 開催期間は6月14日~7月15日で、世界から予選を勝ち抜いた32ヵ国が競い合いました。 オーストリアは2年前のヨーロッパ選手権には出場しましたが、今回の世界選手権には残念ながら出場できませんでした。 オーストリアではサッカーとスキーは国民的スポーツです。...

2018/09/18
ウィーンの街を歩く時に目安になる建造物として国立オペラ座があります。 ウィーンのい滞在すれば何度となく国立オペラ座を行き来することになると思います。 団体ツアーの場合も国立オペラ座の場所は最も重要な場所のひとつで、フリータイム後の集合場所などにもよく使われます。...

2018/09/17
今日はその辺では絶対に見ることができない公園に置かれているグランドピアノを紹介します。 公園に置かれているグランドピアノ・・・というとどのように御想像されますか? 公園で定期的に演奏会がある?・・・と想像できます。 実際ウィーンの市立公園では20年近く前には外でオーケストラが毎日ワルツコンサートを行っていました。...

2018/08/19
シェーンブルン宮殿に来ると時間によってはPanoramabahn(パノラマバーン)に出会います。 これはシェーンブルン宮殿の庭園内をグロリエッテを含めて1周しているタイヤで地面の上を走るちんちん電車です。 実はここ10年ぐらいからでしょうか。これは色々な街で見られます。...

2018/07/08
ウィーンの街中や郊外には個性ある標識が立っています。 普通に歩いていると気付かないこともあったり、意識せずに通り過ぎてしまうことがほとんどです。 こちらは地下鉄などの出口案内を見ると"アイコン"的表示で、何がどちらの方向にあるかということが視覚的に分かり易くなっています。...

2018/06/25
オーストリアは農業も盛んで、食糧自給率は100%と言われています。 ウィーンを離れて郊外を走ると多くの畑が広がっています。 ウィーンの街にだってウィーン市の畑があります。 スーパーなどで日常の食料品を買う時には地元の多くの人はオーストリア産のものを購入する傾向があるようです。...

さらに表示する