ブログカテゴリ:様々な統計やデータ



2019/08/07
"ウィーンこぼれ話"ではその時に思いついた色々なことをテーマにしています。 ためになる内容からどうでもいい内容まで様々です。 オーストリアはいまでこそ北海道よりもちょっと広いぐらいの小さい国ですが、この国がヨーロッパに与えた歴史的、文化的な影響は計り知れないものがあります。 今日は久しぶりに"オーストリア24時間"です。...
2019/07/30
ホイリゲと言えば必ずガイドブックに紹介されているウィーンやその周辺にあるこちらの文化のひとつで自家製ワインを飲ませる店・・・日本的に言えば居酒屋です。 多くの団体ツアーでも夕食にホイリゲに行くということがよくあります。 ホイリゲはちょっと郊外に行かないとその雰囲気を味わうことができません。 「ホイリゲ」とはドイツ語でheuer...
2019/07/11
約2年前の2017年5月16日付で電気自動車は普及するか?というタイトルで電気自動車の導入や主要自動車メーカーの電気自動車の種類と価格を紹介しました。 それから約2年が経ち、ウィーンの街中でもより多くの電気自動車が見られるようになり、充電スタンドも色々な所に設置されているので明らかに普及していることがわかります。...
2019/06/14
ウィーンは415km²、人口190万弱、東京と同じ23区で成り立っているかなり広い街です。 ヨーロッパでは大都会と言っていいでしょう。 そのウィーンの公共交通機関はよく発達していて、世界でも5本指に入る営業距離数を持っています。 地下鉄...
2019/06/10
今年3月15日にウィーンは世界で一番住みやすい街に10年連続で第1位となったことを話題にしました。 ウィーンが大好きな私にとっては非常に嬉しい結果となりました。 個人的にもウィーンは生活すること、人生を歩んで行くことに関してクオリティーが高い・・・ということを実感しています。...
2019/06/06
ウィーンは一昨日6月4日に日中今年になって初めて30℃を超えました。 昨日も30℃あり、夏の空気が漂っています。 しかし、今日は天気が崩れるようで、朝は昨日よりも涼しく、日中25℃には達しない予報です。 さて、ウィーンはヨーロッパで一番長く続いたハプスブルグ王朝の居城であり、かつての"帝国の都"を今でも偲ぶことができます。...
2019/05/25
オーストリアはキリスト教ローマカトリックが国内全体の80%を下りません。 これはヨーロッパで一番長く続いたハプスブルグ家がカトリックを守って来たことにも大きな関係があるでしょう。 ローマカトリックはかなりの矛盾を修正し、教理を作り上げて現在に至っていますが、絵画、建築、音楽などの分野で素晴らしいものを生み出しています。...

2019/05/08
先日はオーストリアに住んでいる外国人の数についてちょっと紹介しました。 オーストリアはハプスブルグ帝国時代からの多民族国家のカラーが現在でも浸透しています。 中でもかつての帝国の都であるウィーンにはオーストリア全体の40%にも上る外国人が住んでいます。...
2019/04/19
オーストリアはウィーンを含めて9つの州から成り立ち、北海道よりもちょっと広いぐらいの国にもかかわらず、それぞれの州に個性があり、"旅"の全ての魅力を持っている美しい国です。 ヨーロッパで一番長く続いたハプスブルグ王朝の拠点であり、伝統的に他民族国家のカラーを持っていましたから、今でも多くの外国人(オーストリアから見ての)が住んでいます。...
2019/03/23
皆さんはお子さんに定期的におこづかいを渡していますか? またいくらぐらいでしょうか? それぞれの家庭によって、1週間に1回決められた日に、1ヶ月に1回、もしくは不定期・・・色々あると思います。 こちらではどうでしょうか?

さらに表示する