教育

勉強をやめてしまう若者の割合

オーストリアでは小学校4年制を卒業するとGymnaiusm (ギュムナジウム)やneue Mittelschuleなどに行くことが多く、neue Mittelschuleの後に小学校や幼稚園の先生の専門教育課程や職業学校、またGymnasiumに編入するなどいくつかのパターンがあります。このGymnasiumの場合は8年制で、日本で言えば小学校5年生~高校3年生にあたり、これを卒業すれば"Matura" (マトゥーラ)が与えられ大学へ登録するだけで進学することができます。こちらでは願わくばGymnasiumは卒業してMaturaは社会的にも絶対に取っておけ・・・とよく言われています。Maturaがある場合とない場合では仕事にも大きな影響があります。入試無しで大学に入れるわけですから自分が学びたいものを選べるわけで、結果的にその分野での専門家が多く登場することになります。

でも中には意図的にまたは様々な事情により勉学を中断してしまう人も多くいます。オーストリアの場合は100人に7~8人の割合で勉学を中断する人がいますが、EU内ではどうでしょうか?

 

続きを読む

子供にかかる費用は?

子供の養育費がかかるのはある程度の経済国であれば一緒でしょうか。学校も公立か私立によっても授業料の差などが出て来ると思います。ウィーンでは子供達の両親と話をしたりすると、公立だからいいとか、私立の方がいいとか、逆にどっちが悪いとかということはなく、子供が通うクラスの雰囲気と先生の力量が重要視されています。どんな家庭環境の子供達が自分の行こうとする学校のクラスに入って来るか、先生がしっかりしていて子供達を差別なく教育して行けるかなどよく聞かれます。小学校の場合はこちらは4年制で、4年間同じ先生と、落第をした子は別として同じ友達達と過ごしますから担任の先生がいかにクラスをよくまとめていくかということはとても重要なんですね。オーストリアの場合、公立の学校は授業料はかかりませんが、それ以外のことでそれなりにお金がかかります。教科書以外で学校で使用するものや集合写真や遠足などの費用、大きくなればパソコンも必要でしょう。学校以外でも習い事などやスポーツなどをやっている子供も多いので、それなりのお金がかかります。

オーストリアでは両親が子供のために払う費用が多くなっている傾向にあります。

年間どのくらいの費用がかかるのかというちょっとしたデータがありますのでそれを見てみましょう。

 

続きを読む

ウィーン市の幼稚園と小学校について 3 (Schultüte)

ウィーン市の幼稚園と小学校についての3回目です。

前回は休みのことや小学校の入学などについて少しまとめました。

 

ウィーン市の幼稚園と小学校について

ウィーン市の幼稚園と小学校について 2

                   も御覧下さい。

 

日本では4月から新年度が始まりますから小学校1年生の入学式をこの前済ませた方や、社会人として働き始める方も多いでしょう。

 

今回はこちらの小学校の入学式について少し紹介します。

 

続きを読む

ウィーン市の幼稚園と小学校について 2

ウィーン市の幼稚園と小学校についてというタイトルで前回は幼稚園のことを中心に書きました。

今日はその続編です。

 

こちらでは"小学校に入学する前に必ず1年間は幼稚園に通う"という法律があります。

小学校に入る前の一年(日本では年長組)では他の幼稚園児と違って小学校への準備となる特別なカリキュラムが時間によって組まれます。

 

続きを読む

ウィーン市の幼稚園と小学校について

今日はこちらの幼稚園、公立小学校(ウィーン市立)について少し紹介します。

日本の学校は4月から新年度が始まりますがこちらは9月から始まります。

そのため幼稚園も小学校も9月からです。

 

オーストリアでは小学校に入る前に必ず1年間は幼稚園に行かなければいけないという法律があります。

これはドイツ語ができないまま小学校に入るということを避けることも理由のひとつで、

ウィーンはかなり広い街ですが場所によっては外国人の両親を持つ子供が現地人よりも多くなっている地域もあります。

当然こちらの幼稚園はドイツ語ですから(幼稚園によっては数ヶ国語でやっている所もありますがドイツ語は絶対です)仮にドイツ語が全くわからないまま幼稚園に入っても子供の頭は柔軟ですから個人差はありますが通っているうちに自然に覚えていきます。

でも幼稚園の先生方は大変ですね。

 

続きを読む

 

 

ページのトップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム   ガイド料金と業務内容について     オーストリア国家公認ガイド

 


オーストリアの概要     ウィーンお勧め観光コース

 

 

ウィーン観光で役立ちそうな情報           ウィーンの公共交通機関   

 

 

ウィーンの博物館とオープン時間     お問い合わせ     掲示板

 

 

ウィーンこぼれ話(ブログ)      現地催行お勧めツアー My bus                                            

 

利用規約      リンク集