市庁舎のフェストザール

ウィーンのリンク道路沿いは様々な建築様式の荘厳な建物が多く並んでいますが、

その中で市庁舎のフランドル風ゴシック建築は見応えがあります。

日本の皆様とバスでリンク道路を観光する時、市庁舎の前を通ると素晴らしいという意味の

驚きの声がよくあがります。

ここは地元の人にとってはお役所でありながらも、生活の中での憩いの場でもあります。

市庁舎の公園では常にくつろいでいる人を見かけますし、また年間を通してここでは様々な

イヴェントが行われています。

市庁舎は1883年にリンク道路時代の

有名な建築家Friedrich Schmidtによって建てられました。

この写真のように年間を通して市庁舎前の広場に何もないというのは結構珍しい

です。

この市庁舎はウィーンに来られるとたいていの方が見るでしょう。

市庁舎に関してすでにいくつかの紹介をしていますので、興味ある方は以下も

参照して下さい。

市庁舎の美しい中庭インフォメーションセンタークリスマス市Rathauskeller

美しいライトアップスケートリンクフィルムフェスティバル

 

今日はおそらく地元の人でもあまり入る機会がない、しかし地元で有名なこの市庁舎の中にある"Festsaal"(フェストザール)という美しいホールについて少しまとめます。

 

市庁舎の横から中に入ると

美しい中庭空間に出ますが、そこまで行かずに建物の中の階段を

上がって行くとこのような豪華な

ホールが上にあります。

Festsaal  (フェストザール)と

いうこのホールは"祝祭の間"というような意味です。

19世紀終わりまでこのフェストザールはオーストリアで一番大きな空間でした。


時の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世がこのフェストザール完成時の最後の石を置きました。



ここに入ると内部建築の美しさに

息を呑むばかりです。

市庁舎はゴシック様式ですが、

内部空間ももちろんゴシック様式のアーチがふんだんに使われています。

2階部分はヴェネツィア的ゴシックの幅の狭い窓が並んでいます。

ここには16のシャンデリアがありますが、これは建築家が自らデザインしたもので、ひとつの重さが260kgです。

当時からガスと電気の両方で機能するように注文されました。


ここでは1890年2月12日に最初の舞踏会が開かれました。今でもここで数種類の舞踏会が

開かれています。


このFestsaalの大きさは長さ70,9m、幅19,5m、高さ17m、広さ1.450m²です。







にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村