1月6日は聖三王の休日

今日1月6日は、「Heilige Drei Könige」(ハイリゲ・ドライ・ケーニゲ)の日で

休日です。

 

このドイツ語を直訳すると。「聖なる三王」となるでしょうか。

 

日本語では、東方三博士、東方三賢者とも言われています。

 

新約聖書のマタイ書では「イエス・キリストが生まれ、ベツレヘムからの星に

導かれて東からやって来る学者」としか書かれていません。
つまり人数なども書かれていないわけです。

 

しかしすでに3世紀ぐらいから「人数」と「王様」で登場していたようで、6世紀初頭にはそれぞれの名前も与えられたようです。

 

この東から来た三学者は、ヘロデ大王のもとへ行き

「ユダヤ人の王としてお生まれになった方」について尋ねます。

 

ヘロデ大王が「幼子を見つけたらここに連れて来るように・・・」と言いましたが、

3人は王の所へは戻らず、そのまま帰って行きました。

 

彼ら3人には名前があり、それぞれ以下の物をイエスに捧げます。

 

カスパール (アジアを象徴)

没薬を渡し、将来の受難の死を意味する老人の姿で登場

 

メルキオール (ヨーロッパを象徴)

黄金を渡し、王権を意味し、青年の姿で登場

 

バルタザール (アフリカを象徴)

乳香を渡し、神性を象徴し、普通は黒人で壮年の姿で登場

 

これは12世紀のヨーロッパでは、ヨーロッパとアジアとアフリカの3大陸だけだと信じられていたことも関係があると思います。

 


この内容に合わせて、Weihnachtskrippe (ヴァイナハツクリッペ)という、

イエスが生まれ、まさにこの3人がイエスを拝みにやって来るシーンを表す

ジオラマが多く見られます。

 

 

 

 

こちらは、ミノリーテン教会の中に置かれている、Weihnachtskrippeです。

 

ここのWeihnahctskrippeはとても大きくて見ごたえがあります。

 

イエスがいるシーンは一番左側だけのちょっとした部分だけで、後はベツレヘムの街の

生活雰囲気が表されています。

 

 

 

こちらはヨゼフとマリアが

一番左にいることが

わかります。

 

個人的に、

東京ディズニーランドの

カリブの海賊を思い浮かべてしまいます。

 

余談ですが、この

ミノリーテン教会には、

以前ここでも紹介した

 

 

ダ・ヴィンチの「最後の晩餐のモザイク」も必見です。

 

こちらはシェーンブルン宮殿のWeihnachtskrippeです。

 

こちらは外に置かれているため、ガラスケースの中に作られて

います。

 

イエスがどこにいるかすぐに

わかりますね。

 

 

 

 

 

 

Weihnachtskrippe はおそらく、アッシジのフランシスコが1223年にイタリアの

グレッチョで、生きている動物と人間で説教時に始めたとされています。

 

1562年にイエズス会がプラハで置いたWeihnachtskrippeが、

今日の意味で最初のものとされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村