植物園内の竹林

8月28日付で書いた、ウィーンの植物園 (Botanischer Garten) の中には竹が植えられている場所があります。

 

この植物園はベルヴェデーレ宮殿の真横に位置し、街の中心に比較的近いのに、まるでウィーンの森にいるような雰囲気です。

 

 

この植物園の中ほどに、この竹林の

コーナーがあります。

 

ちょっと日本的な雰囲気です。

 

これはドイツ語では、Hoher Bambus (ホーアー・バンブス),ラテン語では Phyllostachys viridiglaucescens、

日本では真竹(マダケ)属です。

 

原産は中国の揚子江と黄河に挟まれた地域とされていますが、現在では温帯、

亜熱帯地域の世界各地で見られます。

 

高いものは30mぐらいまで伸びるものもあります。

 

 

 

 

 

 

この竹林のコーナーには、実際に竹林の中に入れるように、2箇所の通路が作られています。

 

日本でよく見られる

太い竹はこちらではあまり見ることができませんが、

それでもここではかなり

日本を思わせるような、

それなりに太い竹も見られます。

 

 

こちらでは観賞用として、好んで庭に植えられています。

またショッピングセンター内の通路や、集合住宅の共同敷地、店の中等

かなり人気があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村