ウィーンによく見られるこの時期の花 24 (フサフジウツギ)

フサフジウツギ

こちらはドイツ語でSommerflieder (ゾンマー

フリーダー、夏ライラック)もしくは、Schmetterlingsstrauch

と呼ばれ、ラテン語では、

Buddleja davidii です。

日本ではフサフジウツギと呼ばれています。

 

原産は東アジアで中国であろうとされています。日本には明治時代にヨーロッパで改良されたものが入って来たらしいです。

 

高さは4mぐらいになり、花の色は紫が定番で、まれに白もあり、

花は10~30cmぐらいです。

 

春に見られるライラックよりも(このコーナーで4月27日に書いています)

かなり細長い花が特徴です。

 

こちらではZierpflanze(観賞用)として庭や、道路脇によく見られます。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村