ウィーンによく見られるこの時期の花 1  (ライラック)

ライラック

ウィーンは森の都ともよく言われ、緑が本当に多い街です。

2月終わりから3月、4月、5月と様々な花が時間差で咲き、とてもウィーンの街、

ウィーンの森が美しい時期です。

 

リンク道路沿いにも5つの公園があるわけですが、そんな身近な場所でも色々な花を見ることができます。

 

この時期ウィーンの街中によく見られる花のひとつに、Flieder (これはドイツ語名称で、日本語ではライラック、ラテン語では、Syringa vulgaris) があります。

ライラックは英語読み、

フランス語読みでリラです。

 

ここ中央ヨーロッパでは1560年から知られていて、

2m~6mぐらいの高さになります。

 

紫、薄紫、白が一般的で、住居の庭にもよく植えられていますし、外からの視線を遮るために庭の周りに植えられるSichtschütz (ズィヒトシュッツ)にもよく使われています。

 

これはうちの庭のライラックです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村