ウィーンによく見られるこの時期の花 6 (ボタン)

ボタン

ウィーンによく見られるこの時期の花シリーズ第6弾は、ドイツ語でPfingstrose(プフィングストローゼ)、ラテン語でPaeonia suffruticosa、

日本語ではボタンです。

 

公園にも見られますが、普通の家の庭に特に多く見られます。


原産は中国で、当初は薬草として栽培されていたそうで、日本には奈良時代に入って来たようです。

 

 

 

 

ボタン

ボタンはとても多くの種類がありますが、Strauch-Pfingstrose と Stauden-Pfingstrose

(ドイツ語) の大きく2種類に分けられます。

 

前者は、幹が太くなり、

通常1.5m~3mぐらいまでの高さになります。

 

 

 

極端な例では5mになるものもあり、60歳ぐらいになるものもあります。

 

後者はいわゆる一般的なボタンで、1m~2mぐらいで幹のように太くはなりません。

 

 

写真は2枚共うちの庭のボタンです。


写真1枚目のボタンはCoral Charm という名のボタンですが、かなりピンク色に見えてしまいました。でも実際の色はピンク、黄色、オレンジが混ざったような

 (Lachsfarbe・・・サーモン色)色です。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村