ウィーンによく見られるこの時期の花 5 (シャクナゲ)

シャクナゲ

ウィーンでも多く見られる花のひとつに、Rhododendoron

ロードデンドロン、(Rhododendoron ponticum),

日本ではシャクナゲがあります。

 

市立公園をリンクからシュトラウス像に向かって入っていくと

すぐに目立つ鮮やかな花が咲いています。シェーンブルン宮殿のオランジェリー庭園にもたくさん見られます。

 

 

 

 

 

 

北半球に多くあり、特にヒマラヤ地方にはかなりの種類があるそうです。

 

ラテン語でRhododendoronと始まりますが、ツツジも、Rhododendoron luteumRhododendoron ferrugineum や、Rhododendoron hirsutum というので、注意が必要です。

 

 

ドイツ語では、それぞれGelbe Azalee,   Rostblättrige Alpenrose,  

Behaarte Alpenrose と呼ばれ、ツツジです。

 

これはうちのシャクナゲです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村