ウィーンによく見られるこの時期の花 4   (ニセアカシア)

ニセアカシア

今年の3月はおかしな天候で、

3月半ばから3週間ぐらい春から冬に逆戻りしたため、その時期の花の開花もずれ込みました。


でも5月も中旬になり、いつもの花がちゃんともうこの時期に咲いています。

 

これは、Robinie ロビーニエ、

(ラテン語 Robinia pseudoacacia)、

日本では、ニセアカシアです。


原産は北米で、日本には、明治5年に来たそうです。

ヨーロッパには多くあり、街路樹や公園に植えられ、25mぐらいまでの高さになるものもあります。ここちいい香りがします。

 

白い花のかたまりがいくつも見えるのが特徴で、花の後に、5つぶほどの豆が入った15cmぐらいの長さの鞘(さや)がぶらさがっているのが見えます。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村