ウィーン シェーンブルン宮殿の花(サンザシ)

シェーンブルン宮殿のサンザシ

4月終わりから5月上旬にかけて、シェーンブルン宮殿の正面

入り口から宮殿を見て、庭園左右に植えられている花は、

Rotdorn (Crataegus laevigata ‚Paul’s Scarlet‘ + Punicea + Punicea Flore Pleno) 、ドイツ語では、ロートドルン・・・日本語ではサンザシ(山査子)です。

 

 

とても美しいピンク色の花を咲かせ、マリアテレジアイエローとのコントラストも

印象的です。毎年この時期には、たくさんのお客様から「あの花はなんですか?」

という御質問があります。

 

注意して見ていると、公園や一般家庭の庭にもよく植えられています。

 

 

 

 

自然の中で多く見られるサンザシ

自然の中で見られるのはたいていWeißdorn 

(Crataegus laevigata) 、

ドイツ語でヴァイスドルン・・・

白い花のサンザシです。

高くて10mぐらいになり、

川沿いなどに多く咲いています。

 

8月ぐらいから赤い実がなります。赤のサンザシは多くは

庭に植えられ庭の美しさを演出するのですが、

それ以外、赤も白も、野生の鳥や自然界の小さな生き物などに、特に冬場に食糧を提供するという重要な役割を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村