カテゴリ:レストラン



2021/03/02
ウィーン3大名物料理として一般的にはウィーンナーシュニッツェル、ターフェルシュピッツ、ツヴィーベルローストブラーテンが挙げられます。 どうしても肉がメインとなることが多いわけですが、メニュー(Speisekarte)を見ればそれ以外に多くの料理があることがわかります。...

2021/02/25
去年12月26日から始まった3度目のロックダウンが2月7日で終わり、外出規制はまだ続いてはいるものの、かなりの商店が2月8日よりオープンしています。 レストラン、カフェなどは持ち帰り以外は営業できません。...

2020/07/14
オーストリアでは3月16日からがコロナ危機期間の始まりの日です。 生活に必要最低限の所しか営業せず、後は全部クローズを余儀なくされました。...

2020/07/03
ウィーンはかつての帝国の都・・・ヨーロッパで一番長く続いたハプスブルグ王朝の居城があり、そのハプスブルグ家の下に神聖ローマ帝国の皇帝やローマ王の称号がかなりの時代に渡ってあったことから、皇帝の居城として宮廷文化が形成されました。 食文化も宮廷文化と大きな関係があります。...

2020/01/23
ウィーンの市庁舎はリンク道路沿いの重要な建造物のひとつで、美しいフランドル風ゴシック建築です。 市庁舎前の広場は年間を通して様々なイベントが開けれますが、何と言ってもクリスマス市はウィーンで最も華やかであり、スケートリンクも作られて3月初旬まで楽しめます。 この市庁舎の地下にはRathauskeller...

2019/12/09
昨日がアドヴェントの第2日曜日で、Adventskranzに2本目のロウソクが灯されました。 うちのそばではクリスマスツリーを売る業者が準備を始めています。 クリスマスまでもうあと2週間となりました。 さて、美術史博物館のカフェレストランで食事をされたい方が多くなってきていると感じます。...

2019/10/05
ウィーンは"ウィーン料理"と言うのが当たり前です。 ウィーンの3大名物料理と言えば、Wiener Schnitzel (ヴィーナーシュニッツェル)、Zwiebel Rostbraten (ツヴィーベルローストブラーテン)、Tafelspitz(ターフェルシュピッツ)でしょう。 この中で最もポピュラーな料理はWiener Schnitzelだと思います。...

2019/07/25
ウィーンはヨーロッパで一番長く続いたハプスブルグ王朝の居城であり、ハプスブルグ家の下にかなりの時代に渡って神聖ローマ帝国の皇帝やローマ王の称号があったので、皇帝の居城として他のヨーロッパの街とはやはり歴史的な立場が違うかつての帝国の都です。 様々な物がこの街に集まり、そして洗練されていきました。 食文化もそのひとつでしょうか。...

2019/07/05
ウィーンの3大名物料理と言えば Wienerscnitzel(ウィーンナーシュニッツェル)、Tafelspitz(ターフェルシュピッツ)、Ziwebelrostbraten(ツヴィーヴェルローストブラーテン)でしょう。 それ以外にも多くのウィーン料理が存在します。 そうです、"ウィーン料理"です。 街の名前で・・・料理とつくのはそう多くはないはずです。...

2019/05/31
早いもので5月も今日が最後の日となりました。 振り返ると雨が多かった5月ですが、今日から天気予報も晴れマークが多くなり、気温も25℃を超える表示も見られます。 昨日はキリスト昇天の祝日で、今日の金曜日も休みを取って長い週末を楽しむ方が多いです。...

さらに表示する