ブログカテゴリ:レストラン



2019/07/25
ウィーンはヨーロッパで一番長く続いたハプスブルグ王朝の居城であり、ハプスブルグ家の下にかなりの時代に渡って神聖ローマ帝国の皇帝やローマ王の称号があったので、皇帝の居城として他のヨーロッパの街とはやはり歴史的な立場が違うかつての帝国の都です。 様々な物がこの街に集まり、そして洗練されていきました。 食文化もそのひとつでしょうか。...

2019/07/05
ウィーンの3大名物料理と言えば Wienerscnitzel(ウィーンナーシュニッツェル)、Tafelspitz(ターフェルシュピッツ)、Ziwebelrostbraten(ツヴィーヴェルローストブラーテン)でしょう。 それ以外にも多くのウィーン料理が存在します。 そうです、"ウィーン料理"です。 街の名前で・・・料理とつくのはそう多くはないはずです。...

2019/05/31
早いもので5月も今日が最後の日となりました。 振り返ると雨が多かった5月ですが、今日から天気予報も晴れマークが多くなり、気温も25℃を超える表示も見られます。 昨日はキリスト昇天の祝日で、今日の金曜日も休みを取って長い週末を楽しむ方が多いです。...

2019/01/28
有難いことに全日観光の場合はガイドの食事も含まれているので、団体ツアーの皆様と全日観光する場合は、昼食も皆さんと一緒に食べることがほとんどです。 原則的にツアーの皆様と同じものを食べることになりますので、ウィーンナーシュニッツェルはどうしても多くなりますね。...

2019/01/18
ウィーンはかつての帝国の都ですから、食事もおいしいです。 ウィーンには星の数ほどレストランがあり、食べることには困りません。 オーストリアはヨーロッパでは物価が高い国で、税金、人件費や食料品もそれなりに高いのでレストランでちゃんと座って食事をすると結構高くつきます。...

2018/09/28
ウィーンの街には星の数ほどレストランがありますので、食事に困ることはまずありません。 地元料理を始めイタリアン、ギリシャ料理、ペルシャ、インドカレー、アジア系、和食、国際色豊かです。レストランだけではなくカフェハウスや手軽に寄れるやソーセージスタンドなど色々な可能性があります。...

2018/09/04
ウィーンは神聖ローマ帝国の皇帝の居城として長らく栄えてきた街です。 宮廷文化が栄えたわけですから食事もおいしいです。 一般的ウィーン3大名物料理として、ウィーンナーシュニッツェル、ターフェルシュピッツ、ツヴィーベルローストブラーテンが挙げられます。...

2018/08/13
モーツァルトが生まれたザルツブルクは739年には司教区になり、798年には大司教区になった古くからの宗教的中心地であり続けました。 歴代70人近くの大司教がここを統治してきました。 1816年にザルツブルクがオーストリアに入ってからも現在まで大司教は存在しています。...

2018/07/14
オーストリアは魚料理も意外と多く食べられています。 現在のオーストリアには海こそありませんが氷河から形成された湖やアルプスを流れる川、ドナウ河やNeusiedler See(ノイジードラー湖)など水はとても豊富です。 やはり淡水魚系の魚を多く食べることができます。 以前もここで話題にしたSaiblingも人気がありますが、今日はそれよりも定番な鱒料理を紹介します。

2018/07/05
ウィーンの中心部だけを見ればかつての帝国の都を感じる荘厳な建造物が多く建ち並んでいますが、オーストリアは郊外に長閑な美しい風景が広がっています。 ヨーロッパアプルプスが国内に大きく横たわっているという地形の特徴があります。...

さらに表示する