ブログカテゴリ:ユーロ通貨と物価



2017/12/11
昨日はアドヴェントの第2日曜日でした。 うちもアドヴェントクランツに2本目のロウソクを灯しました。 さて、今年の3月にオーストリアは世界で10番目に裕福な国ということについて触れました。...
2017/03/20
オーストリアは小さい国でもそれなりの経済大国でヨーロッパの中でも物価は高く、税金も、人件費もそれなりに高くなっています。 その分社会保障にはそれなりに還元されていると生活をしていると思います。 また、ウィーンは世界で最も住みやすい街にも8回選ばれていて、生活のクオリティーは高いということをよく実感します。 さて、今年1月にWeltwirtschaftsforum...
2017/03/11
オーストリアは小さい国ながらもかなりの経済大国であり、ヨーロッパでは物価は高い国です。 EU内では4番目に裕福な国という統計も去年ありました。 また税金や人件費も高く、結構な割合で天引きされますが、生活は意外とのんびりしていて心が豊かな人が多いということをよく感じます。...
2016/12/01
今日から12月です。早いもので今年も残す所あと1ヵ月となりました。もう少しすると街中にはクリスマスツリーを売る業者がたくさん見られ、クリスマスが近づいていることがどんどん現実化していきます。街中を歩くとクリスマスプレゼントを買う地元の人達の忙しさを毎日感じています。...
2016/09/16
先日2015年と比べて高くなったもの、安くなったものについて書きましたが、オーストリアは少しづつではありますが物価は上がっています。それを普段意識することはあまりないのですが、スーパーなどで買い物をし、ふと気づくと、あれ~、これってこんなに高かったっけ~、ということがよくあります。また、商品の見た目を変えず、...
2016/08/10
オーストリアはヨーロッパの中では物価が高い国で、ユーロが導入されてからは年々物価が高くなっています。 特に食料品はヨーロッパでも高いことはよく知られています。人件費もそれなりに高いのでレストランなんかで普通に座って食べてもすぐ結構な金額になってしまいます。...
2016/07/02
オーストリアはヨーロッパでは物価が高い国に入ると思います。 かつての共産圏には入らず、民主主義の共和国として小さい国ながらもされなりの経済大国で色々な産業もあります。 一見、観光立国のように見えるかもしれませんが、観光業も重要な産業のひとつではありますが、比率的に見ればそれ以上に製造分野がはるかに多い割合となっています。...
2016/05/24
昨日は500ユーロ紙幣が廃止になることについて書きました。 実際500ユーロ紙幣が廃止になっても何ら変わることがないと思っている人はかなり多いと思います。 ユーロが導入されてからオーストリアは明らかに物価が上がりました。 日常生活の中で以前の通貨"オーストリアシリング"と比較すると食料品がかなり高くなっていることがわかります。...
2016/05/23
オーストリアはユーロ通貨が2002年のユーロ導入時から使われています。 紙幣が7種類、硬貨が8種類あります。 硬貨はそれぞれのユーロ圏の国によってデザインが違っていることは有名ですね。 紙幣は5ユーロ紙幣から10,20,50,100,200,500ユーロとなっています。 この最高額の500ユーロ紙幣が廃止されることが2016年5月4日に決定しました。

2015/11/19
オーストリアはヨーロッパの国の中で食料品が高いことはよく知られています。 物価もここは結構高く、税金の割合も高いですから普通の人でも結構な天引き率になっています。 ユーロ通貨が導入されてからは、徐々に物価も上がっていて、生活をしているとあまり意識しないのですが、シリング時代からすると明らかに物価が上がっています。...

さらに表示する