数字で見るウィーン市あれこれ

日中の気温が25℃前後と気持ちのいい8月後半です。

夏なのですが、しかし自然を見ていると秋の訪れを少しずつ感じます。

日もだいぶ短くなってきていますね。

 

さて、ウィーンの街は今でもかつての帝国の都であった面影を残し、荘厳な建造物が建ち並ぶ、緑豊かな洗練された美しい街です

それもハプスブルグ家というヨーロッパで一番長く続いた王朝の居城がこの街にあり、そしてそのハプスブルグ家の下にかなりにわたって神聖ローマ帝国の皇帝やローマ王の称号が置かれていたことで、様々な人たちがこの帝国の都に集まって来ました。

そこでウィーンはヨーロッパ文化が凝縮したとても奥深い街となったわけです。

ウィーンは様々な角度から楽しめる街です。

 

だいぶ前にウィーン市の概要ウィーンは意外と広いこと、ウィーン市の人口統計などを紹介していますが、ここでまたウィーン市についてのデータを少しまとめてみます。

 

人口 (2019年1月1日現在) 1.897.491人
男女の割合 男性18.7%     女性51.3%
ここ10年の人口増加率 217.356人の増加  (+12.9%)
出生と死亡 (2019年) 出生20.038人   死亡16.887人
平均寿命 男性78.4歳     女性82.9歳   
国籍 オーストリア国籍69.8%  
外国人 EU 国籍13.1%   EU以外17.1%   180ヵ国の国籍数
ウィーンに移民した数 88.535人
ウィーンから出て行った数 82.856人
移民国籍ベスト3 シリア+23.337人     ルーマニア+18.550人     ドイツ+17.669人

 

この統計はウィーン市2019年の統計によるものです。

ウィーンは23区で分けられたかなり広い街です。

全人口1.897.491人のうちで約70%が地元オーストリア人、約30%が外国人ということになります。

国籍数も180と世界各国からの人がウィーンに移り住んでいます。

ウィーンは国連都市があることも大きいですが、ハプスブルグ帝国時代からもともと多民族国家でしたので、その流れが受け継がれていると言えるでしょう。

 

このようなデータを改めて見ると非常に興味深いので、シリーズにしてまとめてみようと思います。

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村