Am Hof のクリスマス市(2015年)

Freyungのクリスマス市からもう少しシュテファン大聖堂方面に行くと、ウィーン旧市街地では一番大きな"Am Hof" (アム・ホーフ)という有名な広場があります。

ここでも毎年クリスマス市が開かれていて地元との方が多く訪れます。

Am Hofのクリスマス市は

"Weihnachts Markt

Am Hof"と呼ばれています。

 

Am Hof は歴史的にとても重要な場所で、ウィーンがローマ時代にヴィンドボナと呼ばれていた頃から存在していた部分で、中世のバーベンベルク王朝時代1155年~1156年にウィーンに宮廷を移したハインリヒ2世がここに居城を建設させています。

 

 

ここは広場の歴史だけではなく、歴史的に重要な建物がたくさんあります。

左の写真はAm Hof教会で、

14世紀終わりの1386年から15世紀初頭の1403年にカルメル会によって建てられた3層のゴシック様式の教会ですが、その後イエズス会によりバロック化されました。

正面の堂々としたスタイルは

初期バロック様式です。

 

この教会で神聖ローマ帝国の崩壊宣言があった場所でもあり、またこの広場は映画「第三の男」でも登場し、広場の真ん中には黒のマリア像が立っています。

 

 


 

この教会のライトアップが素敵で、広場の真ん中を囲むかのようにたくさんの屋台が並んでいます。

右上の写真には黒のマリア像が立っているのがわかります。

マリア像の下にも簡易テーブルが出されていて賑わっています。

 


 

教会のライトアップに合わせるかのようなイルミネーションが演出されていて、全体的に白く光った印象を受けます。

たくさんの人がプンシュを飲んでいます。

 

それぞれのクリスマス市にはそれぞれの雰囲気が存在します。

クリスマス市に行って何かを買うというよりも、その場所の雰囲気を楽しみながらプンシュを飲んでいる地元人がとても多いです。

じゃぁ今日はここのクリスマス市に行ってプンシュを飲みながら雰囲気を楽しもう・・・

たくさんの屋台に売られているものを見るだけでも十分目を楽しませてくれます。

そこで偶然何か目に留まるものがあれば買えばいい・・・というのんびりした空気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村