Mürzzuschlagのブラームス博物館

ドイツのハンブルク生まれの"3B" ひとりであるブラームスは、29歳の時にウィーンに初めてやって来て、その10年後からウィーンに定住することとなり、ウィーンのカールス教会のすぐそばで63歳で亡くなっています。

ウィーンでブラームスの跡を見ようと思うと実はあまりなく、ブラームスの像中央墓地楽友協会のブラームスザールグリーヒェンバイスルのサインぐらいしかすぐには思いつきません。

ブラームスの博物館はありませんが、ハイドンハウス内にはブラームス記念室があって、

そこがある意味ではウィーンで唯一のブラームスの博物館らしい空間です。

 

ブラームスの博物館というと、ウィーンではなく、ウィーンから車で110km程南に走ったMürzzuschlag (ミュルツツーシュラーク)に中々充実したブラームス博物館があります。

 

 

 


 

このMürzzuschlagは、世界遺産のセンメリング鉄道のウィーンから行くと終わりの街で

グラーツを州都とするシュタイヤーマルク州にあります。

センメリング鉄道はGlognitz~Mürzzschlag間を結ぶ、大変重要な意味を持ったヨーロッパで最初の山岳鉄道です。

 

Mürzzuschlag駅から600m程歩いたWiener Straße 4番地にあり、ここはブラームスが

1884年、1885年の夏に計9ヶ月間滞在し、交響曲第4番などを始め、30以上の歌曲や合唱曲を作曲した場所です。

博物館の角にはブラームスの像があります。

 



ここは当時Sulkovsky侯爵の家で、中庭が美しくかなり大きな建物です。

ブラームスはWiener Straßeに面した出窓のある場所に住みました。


中に入ると、すぐ左側の壁にはブラームスの像が見られます。

また、ここの入場券はブラームスの名刺になっています。

この名刺にはブラームスの名前と"Mit freundlichem Gruß" (よろしくお願いします)と

書かれています。





博物館に入ると入場料を払う場所があり、左奥にはショップがあります。

階段を上がって行き、博物館が始まります。

暗い廊下の左右にはブラームスに関する資料が展示されている窓がたくさんあります。


ブラームスは毎夏に、Bad IschlやPörtschachといったオーストリアの避暑地で過ごす習慣がありました。

この博物館のそれぞれの部屋にはそれぞれ避暑地の場所がテーマになっていて、様々な

ブラームスに関する資料が見られます。

途中には、ウィーンのカールス教会横で亡くなったブラームスの最後の住居からの遺品が

展示されている空間もあります。


また、ブラームスと関係があった人物なども見られ(下段右の写真)、ここには

フランツ・ヨーゼフ1世皇帝と娘のマリー・ヴァレリー、ヨハン・シュトラウスと彼の妻の

アデーレ、ブルックナー、ビルロートといった有名人が見られます。


また下段左の写真のようにちょっとしたコンサートサロンもあり、ここではブラームスが

エジソンの蝋蓄音機に録音した、自作自演のハンガリー舞曲第1番を聞くことができます。これはおそらく現存しているピアノ録音の最古のもので、1889年のものです。


実際にブラームスが住んだ場所は博物館を奥まで行くと最後に登場します。

上段2枚の写真はブラームスが実際に居住した部屋です。




左上の写真はBad Ischlにあったブラームスの別荘のバルコニー部分です。

(ブラームスの別荘はもう残されていません)

また、ブラームスが頻繁に通ったレストラン "Zum Roten Igel" (赤いはりねずみ)を

キャラクターとした約4.5kmのブラームスの散歩道もこの博物館から始まっています。

右上の写真が赤いはりねずみです。

"赤いはりねずみ"もウィーンにはもうありません。

そこはホテルアマデウスになっています。


ここはウィーンからは行きづらいですが、ブラームスファンの方は必見の博物館で、

オーストリアでは唯一のブラームスの博物館です。

センメリング鉄道と組み合わせての日帰り観光もいいですよ!


ブラームスの像中央墓地楽友協会のブラームスザールも御覧下さい。








にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村