フンデルトヴァッサーのトイレ

ウィーンはかつての帝国の都だったので、荘厳な建築物がたくさん見られ、様々な様式の

建物が見られます。

歴史的に言われない普通の人が住んでいる集合住宅だって、豊かな装飾があったり、

古典的な様式で作られていたりするので、街を歩いているだで楽しいです。

そんな古典建築とは全く違い、独特な個性を持った、そしてカラフルな色をふんだんに使用し、一度見たら忘れることのないフンデルトヴァッサーはウィーンの画家として大変人気が

あります。

このコーナーでもフンデルトヴァッサーハウス 1, フンデルトヴァッサーハウス 2や,

バルバラ教会を紹介しています。

さて、今日はこのフンデルトヴァッサーのトイレを見てみましょう!

 

フンデルトヴァッサーハウスに

行くと、その反対側には

"Hundertwasser Village"が立っていることに気づきます。

このVillageはフンデルトヴァッサー自身のコンセプトで外観と

内装が手掛けられ、1991年に

建てられました。

つまりフンデルトヴァッサーハウスの後ということになりますね。


この中に入ると入口付近にはいくつかのショップが並び、奥に行くとちょっと広くなったスペースにオープンカフェがあります。

そのカフェを通り抜け、その奥にある階段を下りて地下に行くとこのトイレに出会えます。




 

こちらは男性の小用空間で、壁のうねりとフンデルトヴァッサー特有のカラーが見られ、

床も一見統一性がなく張られています。しかし、壁の雰囲気と見事なフンデルトヴァッサー

の世界を感じることができます。

 

右上の写真は手を洗う流しで、ここももちろんフンデルトヴァッサーの世界を見ることができます。鏡も個性がありますね。

 

フンデルトヴァッサーハウスは市営住宅ですから中には入れませんが、このVillageは

是非入ることをお勧めします。ここに入るのは無料です。

しかしトイレにはちょっとお金がかかりますが、それは入場料として考えて下さい。

十分ここで用を足す価値はあると思います。

 

トイレとしてちょっと話題性があるのは

えっ!!・・・と思う名物トイレもおもしろいですよ。

 

 




 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村