フンデルトヴァッサーのバルバラ教会

ウィーンの画家として名高いHundert Wasser (フンデルト・ヴァッサー)が手掛けた

フンデルトヴァッサーハウスは観光ポイントとしても人気があります。

 

フンデルト・ヴァッサーのことを知っているウィーンに来られる観光の皆様は、

たいていフンデルト・ヴァッサーハウスというウィーンにある市営住宅をおそらく最初に

見るでしょう。

 

もちろんそちらは有名ですが、今日はフンデルトヴァッサーハウスではなく、彼が手掛けた教会について書きたいと思います。

こちらがその「バルバラ教会」

です。

 

この教会はシュタイヤーマルク州の州都グラーツの西数十キロに位置し、ウィーンからは

車で約240km離れた

人口約5300人の街、Bärnbach(ベルンバッハ)に

あります。

 

もともとこの教会は、1950年、戦後の教会として建てられましたが、1987-1988年に

フンデルト・ヴァッサーによって改築されました。

 

 

 

当初の教会はとてもみすぼらしくて、長期にわたっての使用は期待できないという批判がありました。

 

このBärnbachに住む国際的に知られていた切手彫版師のWolfgang Seidel は、

フンデルト・ヴァッサーとは

友達で、そこからこの教会改築の話が持ち上がったわけです。

 

 

当初の教会の形のまま改築されました。

 

フンデルト・ヴァッサーは、失業中のエンジニアの父エルンストと母エルザお間に1928年12月15日ウィーンで生まれました。

 

フンデルト・ヴァッサーが1歳の初めての誕生日を迎えた13日後に父エルンストは

盲腸で亡くなっています。

 

その後母がひとりで彼を育てました。

 

7歳でウィーンのモンテソーリの学校に入り、その頃から彼は、すでに普通とは全く違う

形やカラフルな色を使って描いていました。

母エルザはユダヤ人でしたが、フンデルト・ヴァッサーはカトリックの洗礼をこの頃に

受けています。

 

ヒトラーの時代、オーストリアが併合されたことで、フンデルト・ヴァッサーは

ウィーン市の学校に編入しました。

 

ウィーンの美術アカデミーでも少しだけ学びますが、基本的に色々な所を旅しました。

 

2回目の結婚は日本人とで、日本に来たこともあり、浴衣を着た彼の写真なども

残されています。

 

フンデルト・ヴァッサーは直線を極力きらい、曲線を用い、様々な色を使い自然という本来の原点を見つめました。

 

彼のコンセプトは「人間は直立した時から過ちが始まった・・・」アスファルト化された道路は

不自然であり、本来様々な姿が

地球上にある・・・それと同様に様々な生物が、様々な表情で人生を歩んでいる・・・だから地面、床、窓、屋根、建物だって様々な表情があるべきだ・・・

 

そこで曲線が主流となっているわけです。渦巻き模様も特徴のひとつです。

 

こちらの写真は教会内部です。

 

メイン祭壇はイエスの磔がテーマになっていて、背景はモザイクになっています。

 

モザイクは地面、床、窓、屋根等に頻繁に登場します。

 

 

 

こちらは渦巻きのステンドグラスです。

 

彼の絵画にもこのような特徴を

見ることができます。

 

フンデルト・ヴァッサーはたくさんの絵も残していますが、やはり建築物のデザインを見る方がフンデルト・ヴァッサーらしさがよくわかるのではないかと思います。

 

遊び心たっぷりに見られますが、彼の、強いコンセプトのもとに考えられて

作られています。

 

この教会の敷地には、世界のあらゆる宗教的シンボルも見ることができます。

 

ちょっと他では見ることができない素敵な教会です。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村