ウィーンのHofburg 「王宮」 4

ウィーンの王宮(Hofburg ・・・ホーフブルク)は、13世紀から始まり、ヨーロッパで

一番長く続いたハプスブルグ家の居城として、そのハプスブルグ家が神聖ローマ帝国の皇帝やドイツ王にかなりの長さで就いたため、歴代神聖ローマ帝国の皇帝の居城として様々な

増改築と色々な建築様式から成り立っているという、とても複雑な構造をしています。

 

すでに、王宮についていくつか書いていますので、参考にして下さい。

ウィーン王宮1ウィーン王宮2ウィーン王宮3


こちらは王宮に組み込まれている伝統ある

アウグスティーナ教会です。

ここはハプスブルグ家のフリードリヒ美王によって1327年にアウグスティヌス修道会が呼ばれ、1349年に教会が奉納され、現在でもアウグスティヌス修道会がここで活動して

います。

 

アウグスティーナ教会についてはこちら

 

この場所は国立オペラ座裏にあるアルベルティーナ広場から見ることができますが、教会界隈に行っても教会の入口が見つかりません。

 

教会を通りながら、もっと奥まで進みます。

 

 

 

 

 

 

するとこのような建物に囲まれた、コの字型広場に出ます。

この広場はヨーゼフ広場で、マリア・テレジア女帝の長男ヨーゼフ2世の騎馬像が右を向いて立っています。

この騎馬像は、Franz Anton von Zauner によるもので1807年に製作されました。

 

この広場のコの字型3部分はここに立つとよくわかりますが、3部分とも同じニコラウス・パッカシによる外観で、外観自体は18世紀後半です。

 

騎馬像を背にして正面の部分、つまりこの写真でいう左側は、世界で最も美しいと言われる、1726年に作られた有名な国立図書館のプルンクザールがあります。

 

騎馬像を背にして右側部分、この写真の奥は、Redoutensaaltrakt(レドゥーテンザールトラクト)という仮装舞踏会の間で、マリア・テレジアが17世紀からこの場所にあったオペラハウスを改築させ、演奏会や舞踏会に使われました。

 

騎馬像を背にして左側、つまりこの写真では見えない手前側に、Augustinertrakt

(アウグスティーナトラクト)があり、1773年に建てられました。

ここに、前述したアウグスティーナ教会の入口があります。

入口は建物に同化しているので、一見教会の入口らしくは見えません。

 

ウィーンの王宮はとても複雑です。時代に合わせた建築様式の違いを是非見て下さい。

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村