メルク修道院 4

メルク修道院の続きです。

メルク修道院 1 ,    メルク修道院 2 ,   メルク修道院 3 も御覧下さい。

 

バルコニーを抜けると自動ドアがあって、そこの扉を開けると素晴らしい図書館に

入ります。

 

ここは以前撮影が可能でしたが、現在では図書館に関しては撮影が禁止されています。

 

この素晴らしい図書館はバロック様式で、本棚がそれぞれローマ数字で書かれて16種類に分けられた2階建て構造です。

 

メルク修道院の蔵書は100.000冊以上あり、この空間には16.000冊ほどしかありません。

空間中央のガラスケースには、貴重な書物が展示されています。

蔵書の中には、手書き書も1.800冊ほどあり、古い物は9世紀初頭のものもあります。

 

また地球儀と天球儀も置かれ、入り口と出口には医学、哲学、法学、神学を表す2体ずつ計4体の像が立っています。

 

 

 

ここのフレスコ画もパウル・トローガーが手掛けています。

上の写真は図書館のフレスコ画です。

 

※現在は撮影禁止ですが、以前は撮影できました。これはその以前の時のものです。

 

彼の特徴である、パウル・トローガーブルーの色を見ることができます。

4つに分かれた人物群を見ることができますがそれぞれ正義、賢さ、勇気、中庸を意味しています。

大理石の間で、外の力の強さを象徴していましたが、こちらの図書館では人間の内なる"徳"を表しています。

 

それを抜けると、目の前に螺旋階段がある小さな空間です。

ここには19世紀以降の書物が置かれています。

 

順路に従って進むと、小さな空間にベネディクトの規律書がガラスケースの中に置かれています。この修道院見学最初の部屋の薄紫色の照明と同じ演出です。

 

さて、これで修道院の見学が終了し、螺旋階段を下りて、いよいよ最後の教会へと入って

行きます。

 

                      ※ メルク修道院 5 に続きます

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村