ヨハン・シュトラウス(父)の最後の家

街中至る所に有名な音楽家の跡があるウィーンです。

 

2013年10月28日付の「ウィーンの中央墓地 3」で、ヨハン・シュトラウス(父)のお墓について書きましたが、そのシュトラウス(父)の最後の場所がウィーン旧市街地に

あります。

ここはウィーンの旧市街地の人通りが少ないKumpfgasse という

閑静な一角で、

シュトラウス(父)が亡くなった

場所です。

 

ヨハン・シュトラウス(父)は、1803年3月14日に、ウィーンの現在2区LeopoldstadtのFloßgasse で生まれました。

 

バイオリンをMichael Pamer,音楽理論をIgnaz von Seyfriedに学び、3歳年上であるヨーゼフ・ランナーとKapelle der Brüder Schollで演奏していました。

 

まもなく1825年にランナーが自らの楽団を結成し、シュトラウスはそこで当初演奏します。この1825年、シュトラウス(父)が作曲家として初めて聴衆の前に立ちました。

ランナーとはまもなく音楽的な対立もあり、2人は別々の方向に行くことになりますが、シュトラウスは当時、義理の父との契約の関係上、すぐには自らの楽団を組織できませんでした。

 

その2年後ランナーと離れ、自らの楽団を結成し、大成功します。

 

シュトラウスの(父)のその後の生涯については、「ウィーンの中央墓地 3」を

御覧下さい。

 

 

シュトラウス(父)はこの閑静なKumpfgasse 11番地で、

1849年9月25日に猩紅熱で

亡くなりました。

 

こちらの写真はそこに掲げてある

銘板です。

 

「ヨハン・シュトラウス(父)は、

1849年9月25日 1914年までここに建っていた小さなRamhofで亡くなった・・・1949年にAlt Wienerbundによって捧げられた」と記されています。

 

彼の息子のワルツ王ヨハン・シュトラウスの方が、美しき青きドナウ等を通して

より知られていると思いますが、

シュトラウス(父)もラデツキー行進曲という大ヒット曲もあり、息子に大きな影響を与えました。

 

街中を歩いていると、意外な所に意外な

著名人達の跡がたくさん見られます。

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村