雪化粧のベルヴェデーレ宮殿

今年のウィーンの冬は今の所かなり暖かいです。

 

日中の気温がマイナスになったのは、1月25日から1週間続いただけで、

朝方はマイナスはありましたが、それ以外日中は

今日までずっとプラスで10℃達しないぐらいです。

 

そのため雪もあまり降らず、本当に街が白くなったのは2回ぐらいしかないような

気がします。

 

 

 

こちらはその今年の冬になって初めて日中マイナスになった1月25以降、

2014年1月27日の午前中の

ベルヴェデーレ宮殿です。

 

ベルヴェデーレ宮殿はこのコーナーでもよく登場する、ウィーンでも

シェーンブルン宮殿と並んで重要な

バロック建築のひとつです。

 

 

 

こちらはベルヴェデーレ宮殿の上宮で、本来宮殿の前には池が見えるのですが、

この日は雪で、池があることすら、この日初めてここを訪れた人は気づかなかったかもしれません。

 

 

こちらはベルヴェデーレ宮殿の

その上宮前の池です。

 

行けの水が凍っていて、その上に

雪があるわけですね。

奥の方には雪がない所が数か所

あり、水たまりのように見えます。

 

ここにはたくさんのカモメが

この時期に冬を越していきます。

日本でカモメというと、海岸、

河口、港など海で見られますが、

こちらは宮殿や公園にある池などにたくさん見られます。

冬が始まる前の秋の終わり頃、毎年たくさんのカモメがやって来ます。

 

カモメは夏にユーラシア大陸北部やカナダ西部などで繁殖し、冬になるとアフリカ大陸北部やヨーロッパ、ペルシャ湾沿岸部などで越冬します。

 

シェーンブルン宮殿にも多くのカモメを見ることができます。

 

雪化粧をした歴史的建造物もそれなりに素敵です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村