ウィーンで恐竜展

いきなりですが、先日ウィーンで恐竜展

「World Of Dinosaurs」

(ドイツ語で Die Welt der

           Dinosaurier)

を見に行って来ました。

 

この恐竜展は、

2013年12月26日~2014年2月9日まで、ウィーン3区のMARX HALLEで開催されています。

 

これはウィーンの常設的博物館ではなく、単発の展示会で、50体の様々な恐竜が

解説と共に実物大で展示されています。

 

会場には、恐竜の鳴き声が流され、

それぞれの恐竜が人工的な植物と共に砂の上に配置され、同時に化石なども展示されていました。

 

こちらはティラノサウルス REX

です。

 

今から6800万年前~6500万年前に

生息していた肉食恐竜で、体長13m,

体重6.8トンです。

 

REXは王様という意味で、

ティラノサウルス属の唯一の種として

認められています。

 

 

 

こちらは大きなディプロドクスです。

 

1億5500年~1億4500万年前、

体長20~35m、体重は40トンぐらい

までです。

 

このディプロドクスは27mです。

 

細めの体と長いシッポが特徴です。

 

 

 

 

こちらはセンセーショナルな

展示品です。

 

今から約8000万年前のセグノサウルスのすでに石になった卵の巣で、24個の

石になっているたまごが見られます。

 

この時代の重要な出土品のひとつに数えられています。

 

 

個人的に恐竜には全く詳しくないのですが、想像もつかない昔に実際にこのような大きな

恐竜が地球上に生息していた・・・

これは一種のロマンを感じます。

 

この恐竜展はうちもそうですが、家族連れがとても多く訪れていて、

こちらでも恐竜はとても人気があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村