ウィーンの中央墓地 4

 

前回の中央墓地シリーズ「ウィーンの中央墓地 3」は2013年10月28日に書き、

ヨハン・シュトラウス(父)に触れました。

 

今日は32A区にはない有名人としてCarl Czerny ・・・カール・チェルニー

(日本ではツェルニーとしての方が有名でしょう)のお墓です。

 

 

ツェルニーは、1791年2月21日にウィーンのチェコ系音楽家の一家のもとに生まれました。

 

父からピアノの手ほどきを受け、早くから音楽の才能を見せ、3歳でピアノを弾き、7歳で作曲をしたと

いいます。

10歳の時には素晴らしいピアニストでありました。

 

最初の公開演奏会は1800年でした。

 

ベートーヴェンは才能あるツェルニーに感銘を受けて弟子にします。

さらにフンメル、サリエリからも

レッスンを受けます。

 

ベートーヴェンのピアノ協奏曲

「皇帝」はツェルニーが初演の時に

ピアニストとして演奏しています。

 

ツェルニーは優れたピアニストでしたが、演奏活動を続けず、作曲家・理論家としての道を優先します。

 

これだけピアノを弾く人が増えてきた・・・しかし基本的な練習をするための作品がない

ことに気づいた彼は、様々な練習曲を書くことになります。

 

ピアノを習う人であれば、ほぼ誰でも必ずやお世話になるツェルニー練習曲シリーズは

あまりにも有名です。

 

このツェルニーの弟子のひとりにリストがいます。

 

ツェルニーは生涯ほぼウィーンに留まり、独身で66歳で1857年7月15日にウィーンで

亡くなりました。

 


ピアノ教育、理論という観点から見ると、ツェルニーが残した業績は偉大です。

彼の大部分の自筆譜はウィーン楽友協会に保存されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村