質がいいアンティーク市

ウィーンにはアンティーク関係の店がたくさんあります。

王宮界隈にもかなりそのような店があり、何と言っても「ドロテウム」という1707年創業の、ドイツ語圏最大のアンティークデパート(でも質屋?)があるくらいです。

 

ちなみにウィーンにはナッシュマルクト付近で毎週土曜日に開かれる「のみの市」も観光でも大変知られるようになりました。


それ以外ウィーンの街中ではかなりの場所でのみの市やアンティーク市が定期的に開かれています。

 

 

その中であまり知られていない、

でも国立オペラ座にとても近い所で月2回開かれる

「Zeitreise Antikmarkt」

(ツァイトライゼ・アンティークマルクト)があります。

 

日本語に直訳すれば、「時間旅行アンティーク市」

となるでしょうか。

 

 

 

 

 

このアンティーク市が開かれている場所は、

RINGSTRASSEN GALERIEN(リンクシュトラッセンガレリー)です。

 

リンク道路に面して建つ2つの宮殿の中がショッピングモールになっていて、センスのいいブティック、

カフェ、スーパーなど色々な店が入っている有名な場所です。

 

この2つの宮殿の名称は、KärntnerringhofとPalais Corsoで、特にPalais Corsoには、

グランドホテルが入り、地下にBillaという有名なスーパーがあることで知られています。

 

 

そのガレリーの中の通路に、様々なアンティーク業者が並びます。

 

のみの市ではないので、わけのわからないガラクタは一切ありません。

 

むしろその逆で置いてある物の質はかなり高い印象を受けました。

例えばアウガルテンのセットなどもありました。

このアンティーク市は原則的に月2回開かれます。

 

 

 

 

以下コンタクト情報です。興味ある方は参考にして下さい。

http://www.zeitreise.tv

0650/401 46 41

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村