ウィーン西駅のInfo塔

ウィーン西駅 (Westbahnhof)は、西駅構内のエリザベート像でも書きましたが、

1858年に „k.k. priv. Kaiserin-Elisabeth-Bahn“「宮廷エリザベート皇后鉄道」という名でスタートしました。

 

残っている昔の写真を見ると、美しいルネッサンス様式の駅舎が建っていました。

 

その後第2次世界大戦で壊され、1954年に近代的な駅舎になりました。

 

 

その部分を残し、さらに

BahnhofCity Wien West

(バーンホーフシティ・

      ヴィーン ヴェスト)

という名で、2011年11月23日に

オープンしています。

 

その1954年に建築された部分の両側に新しく駅ビルを建てた形に

なっています。

 



 

 

この駅ビルは17.000m²の広さで、3階建て構造で、スーパー、パン屋、

ブティックなどを始め90の店が入り、なおかつ13.000m²の敷地に

400部屋あるホテル、

そしてオフィスビルと

なっています。

 

営業時間も食事関係は

毎日9:00~21:00、

 

 

ショッピング系は月~金9:00~21:00,土 9:00~18:00(日、祝祭日はクローズ)

とかなり便利で、遅くまで色々なお店が営業しています。

 

パン屋さんなどはもっと早くから開いています。

 

この西駅構内に写真のようなInfo塔があり、この駅ビル内全ての店を知ることができます。

 

このInfo塔はタッチパネル方式なので、使い易く表示も分かり易いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村