シュテファン大聖堂のある記念プレート

シュテファン大聖堂は、7月1日の「シュテファン大聖堂の屋根」や、10月19日の「プンメリン」など、このコーナーでもよく登場しています。

 

シュテファン大聖堂はウィーンのシンボルのひとつですし、

1147年からずっと歴史を見つめてきましたからとても奥深く、様々な物を見ることができます。

 

そんなシュテファン大聖堂の外の壁にある、でもほとんどの人が

気づかない記念プレートです。

 

これは、石の上に記念プレートが掲げられています。

 

ちょっと他と違って黄色っぽいこの石は、ドイツのウルムにある、「Ulmer Münster」

と呼ばれる、世界で一番高い教会の塔を持つミュンスター大聖堂の石です。

 

このプレートには、「15世紀のウルム大聖堂の石」と書かれており、

さらに「ゴシック建築の親方が、このシュテファン大聖堂とウルムミュンスターで仕事をした」と書かれ、「1977年6月30日 ウルムミュンスター定礎式600年記念にウルム市から贈られた」と記されています。

 

 

その親方とは、このシュテファン大聖堂の北塔のプランや内陣屋根を手掛けた

Hans Puchsbaum(1390以前~1454)で、彼はシュテファン大聖堂で仕事をする前に、

ウルム大聖堂でも仕事をしていました。

 

 

 

こちらがそのUlmer Münster

(ウルマーミュンスター・・・

     ウルム大聖堂)です。

 

1377年に定礎式が行われました。

 

1890年に完成したこの塔は

161,53 mで、世界で教会の塔としては

一番高いです。

 

塔が極端に高いので、教会自体はあまり

大きく感じません。

 

シュテファン大聖堂、ウルム大聖堂と

意外な所でつながりがあったんですね。

 

ちなみにウルムは物理学者

アインシュタインが生まれた街です。

 

アインシュタインはウィーンにも住んでいたこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村