クリスマスイヴはこのように祝われる

昨日は12月24日クリスマスイヴでした。

 

宗教的には復活祭が一番重要ですが、生活の中での年間行事としてはこのクリスマスが

一番重要です。

 

 

特に24日は地元では家族と共に過ごすクリスマスで、遠くに住んでいる人達もこの時期には帰ってきて、家族皆でクリスマスを過ごします。

 

それまでは、皆さんが街中のChristkindlmarktと共にクリスマスの雰囲気を楽しみ、先週の木曜日

ぐらいからクリスマス休暇を

取り始める人が多いので、

街は至る所で渋滞し、せわしい雰囲気がクリスマス・イヴに近づくにつれて感じられます。

 

そしてこちらでは24日の午後からは、徐々に街は静かになっていきます。

それまでのクリスマスの盛り上がりはまるでうそのようです。

 

お店もレストランもクローズし、このクリスマスイヴに外食をしよう・・・

なんて人はまずいません。

 

皆さんが家庭でいわゆるクリスマス

パーティーを行いますが、実際には

パーティーというよりも、家族が集まり会話をしながら、プンシュを飲み、

夕食をし、そしてプレゼント交換を

楽しむわけです。

 

家族がそれぞれ持ち寄ったプレゼントは、クリスマスツリーの下に置きます。

 

そのためツリーの下にはたくさんの

プレゼントが、Christkindによって

もたらされたというわけです。

 

夕食は何を食べるかというと・・・

魚を食べる習慣があります。

その中でも鯉なども多く食べられ、

 

 

また鱒やカマスなどを食べる人も多いでしょうか。

 

フライで食べる人もいれば、ソテーにして食べる人もいると思います。

 

これは「魚」がキリストのシンボルとして古来から使われてきた・・・ということも

理由のひとつです。

 

チキンを食べることはまずないでしょう。

12月6日に「聖ニコラウスとサンタクロース」でも書きましたが、

アメリカに移民したオランダ人達は、慣れない土地で、今までのように家畜を飼うことは

最初は難しかったようです。

そこでチキンを食べることから、始まったとされています。

 

夕食が終わると、いよいよBescherung(ベシェールング)といわれる

プレゼント交換です。

 

この時に歌われるものが、昨日紹介した「きよしこの夜」です。

 

この曲は地元の人にとっては、特別な曲であり、クリスマスソングとして、クリスマス時期にひっきりなしかかっているわけではありません。

 

クリスマス時期の、しかもこのプレゼント交換の前だけに。この歌を歌う地元の人が

多いと思います。

 

できればギターの伴奏で歌うべきとされています。

 

ちょっと敬虔な雰囲気になりますね。

 

歌い終わって、皆さんと「Frohe Weihnachten!」

(フローエ・ヴァイナハテン・・・クリスマスおめでとう)と言いながら、

共に抱き合います。

 

その後、お互いにプレゼントをその場で開いて皆さんで楽しむわけです。

 

この時だけは夜中の教会のミサに行く人も多いと思います。

 

日本で言う初詣のような感覚でしょうか。

 

12月25日、26日はお休みです。

 


この過ごし方はあくまでも一般的な流れです。


友達と過ごす人もいるでしょうし、また家庭によってそれぞれの流れがあるとは思いますが、伝統、習慣から見ればこのスタイルです。

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村