シュピッテルベルクのクリスマス市

ウィーンには多く場所にChristkindlmarkt (クリスマス市)が出ているわけですが、

それぞれのクリスマス市にはそれぞれの雰囲気があります。

 

その中で、地元でとても人気のある「Spittelberg」(シュピッテルベルク)の

クリスマス市について少し書きたいと思います。

 

 

シュピッテルベルクは、

1850年までVorstadtのひとつであり、現在ではウィーン

7区(Neubau)の一角で

MQの奥にある、BurggasseとSiebensterngasseに

挟まれた地域です。

 

ここは1525年にBürgerspitalから得た場所で、もともとSpitalberg

(シュピタールベルク)とも

呼ばれていました。

 

17世紀後半のトルコ軍のウィーン包囲があった時や、1809年ナポレオン軍がこの地域から中心に向けて攻撃をした場所でもあり、小高い所にあります。

 

バロック時代に、現在見られるように建物が密集して建てられました。

 

 

この地域の名前になっているSpittelberggasseを中心に、狭い石畳の道に比較的

小さい美しい建物がひしめき合って建ち並ぶ、とても

雰囲気がある界隈です。

 

小さいですがセンスのいい

ブティック、画廊、レストラン、手作りの工芸品店などもあり、クリスマス市がない時でも人気のスポットです。

 

 

 

小さな屋台が多く建ち並び、ちょっとした広場もあり

心地いい空間です。

 

建物の中を通って、反対側の

通りに出られる何本かの抜け道もあり、おもしろい界隈です。

 

屋台の他に、いくつかのお店も営業しています。

 

 

 

 

市庁舎とは全く対照的な

クリスマス市で、派手さはなく、イルミネーションが多くあるわけでもありません。

 

しかし、昔ならではの本来の

雰囲気のクリスマス市だという

ことでとても人気があります。

 

 

中心から少し離れているので、

行きにくい印象を受けますが、

 

自然史博物館の裏側(リンク道路の反対側)から歩けば5分ぐらいで行けます。

 

Spittelberggasse,Schrankgasse,Stiftgasseの一部とその延長上の部分に

屋台が建ち並んでいます。

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村