ウィーンによく見られるこの時期の花 37 (チコリー)

これは、ドイツ語でGewöhnliche Wegwarte

(ゲヴェーンリヒェ ヴェッグヴァルテ)、ラテン語ではCichorium intybus、

日本では、チコリーとか、

キクニガナとも

呼ばれています。

 

原産は地中海沿岸地方、

西アジア、北西アフリカとも言われ、キク科の多年生野菜です。

 

だいたい2~5cmぐらいのライトブルー(薄い紫に近い色)の花で、高さは30cm~140cmぐらいです。

 

葉は羽状に切れ込んで、タンポポに似ています。

 

葉や根には独特の苦みがあって、若い芽や葉はサラダに用いたり、

薬効のあるハーブとしても用いられます。

 

日本でも国産のチコリーが生産されているそうです。

 

低地の湿原などに多く見られますが、こちらでは道端などにもよく見られます。

 

この写真のチコリーはウィーンの森のマイヤーリンクで咲いていたものです。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村