「Rasen am Ring」・・・リンクに芝生

昨日9月22日(日)は、もう毎年恒例の「Rasen am Ring」

(ラーゼン・アム・リンク)

の日でした。

 

これは、2007年から行われている行事で、ウィーンリンク道路上に

芝生を置いて、車を排除し、

ピクニック感覚で歩行者天国を楽しもう・・・というものです。

 

 

リンク道路の国立オペラ座~ウィーン大学まで車を通行止めにし、王宮庭園、美術史博物館があるマリア・テレジア広場の限られた区間に芝生が置かれました。

 

車は完全に通行止めですが、路面電車はそのまま走っていました。

芝生の外側には特定の部分に柵が設けられ、ウィーン市交通局係りや警官が何人も出動し、安全の警備をしていました。

 

こちらは「RING FREI!」のロゴで、autofreie Stadt (車がない街)を掲げています。

 

2007年9月22日に始まったこのイベントは、国際カー・フリー・デーに関連したもので、「車を使わない生活を考える」という目的で、その一環で行われているものです。

 

 

 

 

 

昨日は午前、午後と別々の皆さんとウィーンを案内しましたが、

午前中朝9時頃は、まだ

リンク道路を走ることができましたが、ぽつぽつと準備が感じられました。

 

そして昼頃にはこの3枚の写真のように、地元の皆さんから、

観光の皆さんまで、

このちょっとしたおもしろい状況を楽しんでいました。

 

リンク道路上の芝生に横になって大の字で寝られる・・・というのは

結構気持ちのいいものですね。

 

このようなおもしろいイベントは年間を通して、このウィーンの街ではよく

見ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村