美術史博物館の天井画

このコーナーですでに何回か美術史博物館が話題に出て来ていますが、やっぱりここは何回来ても素晴らしい所です。

 

規模的にはそこまで大きくはありませんが、絵画の質が本当に高く、名画ばかりが並んでいます。

 

ウィーンに来てこの美術館を訪れる方はとても多いでしょう。

館内に入った瞬間そこは別世界です。

展示されている絵画の内容に相応しい内装になっています。

 

 

入るとすぐ正面に、大階段ホールが見られます。

その階段を数段上って行くと、

視界が急に開け、吹き抜けの

さらに素晴らしい空間が広がっています。

 

そのまま普通は階段を上がってしまい、その正面に置かれている

アントニオ・カノーヴァーの彫刻に見とれてしまいます。

 

でも、この空間には色々な物が見られるんです。

 

 

例えばこちらは、ハプスブルグ家のワッペンです。

 

さらによく見ると、そのワッペンの上には、オーストリア帝国の帝冠をモデルにした装飾もありますね。これは堂々と階段の上に2つ置かれています。

 

この大階段ホールにはマカルトやクリムトの作品も見られますが、これはまたいつか紹介します。

 

 

 

そしてここの吹き抜け大階段ホールをさらに盛り上げてくれている

天井の絵にも注目してみて下さい。

 

 

 

 

この絵はオーストリア・ハンガリー帝国時代の画家、ムンカーツィによるもので、

よくフレスコ画と思われがちですが、キャンバスに描かれているのです。

 

この絵は「ルネッサンス賛歌」という140m²の大作です。

 

ルネッサンス時代は、遠近法も確立され、絵を描く職人が芸術家になり、人間が主役として再び登場する、そんな時代に絵画は飛躍的な発展を遂げました。

 

この天井画には、ティツィアーノ、ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ミケランジェロ、

ヴェロネーゼといったルネッサンス絵画の巨匠達が登場しているのです。

 

この大階段ホールだけでも十分見ごたえがありますが、あくまでも前奏曲です。

 

美術史博物館の絵画はさらにその先にあるのです。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村